新しいページへ
古いページへ

ご友人とのアンサンブル

エイバップでは結婚式など日常にある音を出す機会や個人イベントのお手伝いもしています。お仲間とジャズのバンドを結成された鈴木さん。メンバーも個々に練習に励んでいるのでピアノも頑張らねば!ということでレッスン曲と平行して希望曲のアレンジを創り練習を重ねてきましたがいよいよカタチになってきましたのでご友人を招いてアンサンブルでのレッスンとなりました。

sax大野さんと。なんとこのサックス!教室のピアノ○台分です。
なにやら全員で険しい表情になってしまいましたが
(カメラが向いて格好つけてたり?)差し入れの柏餅を頂きながら
和やかな雰囲気のなか音楽談義に花が咲きました。

お題はジャズの名曲「BEAUTIFUL LOVE」。バンド結成と言いつつも・・・実はベースとドラムさんは只今お休み中ということで私も混ざりながら「テンポは?繰り返しは?」などなど構成を練りながら進めましたが、だいぶカタチになりましたね。

メロディー楽器とリズムセクションの中間でさり気なく伴奏をするために練習したオープンボイシングも大野さんのしぶぅ〜いsaxの音色に絡み合い素敵でした。そして帰り際の「あ〜楽しかった!」これ大切ですね。またの機会により深く楽しめるよう練習を重ねましょう。

JazzPianoLive2009

秋も深まる11月の日曜日。横浜にて恒例のジャズピアノライブを開催しました。今年も大勢のお客さんにお越しいただきアットホームな雰囲気のなか曲にまつわるエピソードなどを交えたトークに花咲く素敵なステージとなりました。アンサンブルでジャズの演奏を披露するために曲を創り込む過程では多くの発見があったことと思いますが初めて参加された方も、回を重ねている方も次への課題を発見しチャレンジしていくきかっけにしていただければと思います。大人になるとこういう緊張感ってなかなかないものですよね。演奏前には「胃が痛い?!」という方も弾き終えてみると達成感に溢れ「もっとあんな風にしてみたい!」なんて。だんだんと楽しみが広がるから不思議ですね。より深くジャズを楽しめるように練習を重ねるなかでこのステージをひとつの目標に、またよい刺激としていただければと思います。


1週間前のリハーサル風景。もう来週じゃん!緊張感が高まりますね〜。

演奏を終えスタッフの皆さんを交えて。
ステージの様子 音源をランダムに抜粋

MY FOOLISH HEART  (P) Tatsuki Hioka/size 7.1MB

WAVE  (P) Yoshinori Akiyama/size 5.7MB

MEAN TO ME  (P) Miwako Ishidou/size 3.8MB

当日演奏した曲 全12曲(3ステージ)

1:MY FOOLISH HEART
2:YOU'RE THE SUNSHINE OF MY LIFE
3:ALL THE THINGS YOU ARE
4:SO DANCO SAMBA

1:I'LL CLOSE MY EYES
2:WAVE
3:STELLA BY STARLIGHT
4:ON THE STREET WHER YOU LIVE

1:MEMORIES OF YOU
2:MEAN TO ME
3:ONE NOTE SAMBA
4:STAR EYES

今年はダンディーなオジさまをフューチャーして
男性陣の音源を中心に掲載させていただきました。
ジャズピアノレッスンを始めてほんの数ヶ月。
CDをたくさん聴いていることもポイントですが
「好きこそ物の上手なれ」雰囲気でてますね〜。

緊迫の?!演奏風景(写真上)
乾杯〜!お疲れさまでした(写真下)
当日のチラシより テキストのみ一部抜粋

「ピアノトリオ」とはジャズの世界でピアノ・ベース・ドラム という編成を意味します。
音楽の3要素 メロディー・ハーモニー・リズム を1人で奏でることのできるピアノに
さらに2人のリズムセクション(ベース&ドラム)が加わり
緊張感 溢れるトリオならではのサウンドを生み出します。
3人で生み出す瞬間芸術。今日はどんな演奏が生まれるのでしょう?
「トリオで演る。」 ジャズピアノの醍醐味がそこにあります。

ジャズの世界ではメロディーとコード(和音)しか記されていない
B5用紙1枚ほどのシンプルな一段の楽譜をアレンジして演奏を創ります。
手がかりは「メロディーとコード」のみ。速さは?繰り返しは?強弱は?
シンプルすぎるメロディーはそのままでは雰囲気が出ないし・・・
表記どおりのコードでは響きが幼稚な感じだし・・・。
ジャズのスタンダードナンバーはどの曲も5分あれば弾けてしまうでしょう。
決して大袈裟ではなくそれほど元々が「簡素な題材」なのですが
簡素な故に「創り込む愉しみ」があり、また「生みの苦悩」も持ち併せます。
イメージを膨らませ少しでも「思い描くままに弾けるよう」探求する・・・
「曲」という題材の中で表現の幅を拡げることに終わりはありません。
「ジャズ」というと、とかく敷き居の高い音楽に感じられることもありますが
今日この場所で演じられるリアルなジャズを
グラスでも傾けながら(オイオイ・・・プラスチックじゃん?!)
リラックスしてお楽しみください。

(※スタンダードナンバーとは?)
古くからジャズプレイヤーに好んで演奏されてきた曲を指します。
1950年・60年・70年・・・など年を経るごとに
スタンダードと呼ばれる曲は増え続け国や時代によっても流行があります。

Pianigth

梅雨も間近!微妙なところでギリギリ天気に恵まれた土曜日。今回のPianightは題して「スプリングジャムセッション」です。"セッション"というとなかなか緊張してしまうものですが「アンサンブルを体験しながら練習してみましょう」という和やかな雰囲気のなかポピュラーピアノクラスの方々もご一緒し、ショートセミナー・豪華大抽選会(ホントかな〜?)を交えた楽しいひと時となりました。


Pianightですがたまには明るいうちに集合写真をパチリ。
どおりで皆さん顔が赤くないわけで(笑?)

「左手でコードを押さえて右手でメロディーを弾く」そこに リズムセクション(ベース&ドラム)が加わればもうバンドサウンドになってしまいます。とはいえ・・・これではあまりにシンプルですので少しずつ変化を加えていくことになるのですがまずは気軽にアンサンブルに触れてみることも大切ですね。この会を通して「アンサンブルを楽しむために必要なベーシックなこと」そして「どのように音を拡げていくか」という部分について感じていただけたのではないかと思います。

(写真左) ピアノ&ボーカルでのアンサンブルも素敵でしたね!
(写真中) 夜も更けしっとりとジャズのアンサンブル・・・と思いきや
膝の上にはBabyが(笑)これからどの楽器に興味を示すのかな?
(写真右) 演奏も終わり話に花咲く夜は更けていきました。。。
ゲストプレイヤー(Atsushi Kibe /Drums)を囲んで。

JazzPianoLive2008

秋の長雨!朝までの雨も止みなんとか天気にも恵まれた日曜日。横浜にて恒例のジャズピアノライブを開催しました。50名に登る大勢のお客さんを前に今年も床が抜けるのでは?とハラハラしつつ(オイオイ)トリオ(ピアノ・ベース・ドラム)にてスタンダードナンバーを中心に演奏し、3ステージに渡る素敵なひと時となりました。出演者の皆さんは演奏を仕上げる過程で、そして聴きに来ていただいた皆さんにはこのライブを通して"ジャズの面白み"や"素晴らしさ"にほんの少し触れていただけたのではないかと思います。


教室でのリハーサル風景。来週はステージです!いよいよ緊張感が・・・

お疲れさまでした!お手伝いいただいたスタッフを交えて。
ステージの様子 音源をランダムに抜粋

FLY ME TO THE MOON  (P) Yoshiko Seki/size 5MB

I'LL CLOSE MY EYES  (P) Misako Kishizawa/size 4.1MB

HOW HIGH THE MOON  (P) Miwako Ishidou/size 3.8MB

当日演奏した曲 全15曲(3ステージ)

1:FLY ME TO THE MOON
2:TAKE THE A TRAIN
3:OVER THE RAINBOW
4:MEMORIES OF YOU
5:IT COULD HUPPEN TO YOU

1:I'LL CLOSE MY EYES
2:THE SHADOW OF YOUR SMILE
3:Hard To Say I'm Sorry
4:MY FUNNY VALENTINE
5:CONFIRMATION

1:SUMMER TIME
2:HOW HIGH THE MOON
3:BLACK ORPHEUS
4:CANDY
5:MY FAVORITE THINGS

(B) Masami Horiguchi (Dr) Atsushi Kibe

無事に演奏を終へ乾杯。
やっと飲めます?!(写真上)
集合写真に入り忘れてしまいました。
Wさんを交えて(写真下)

当日のチラシより テキストのみ一部抜粋

「ピアノトリオ」とはジャズの世界でピアノ・ベース・ドラム という編成を意味します。
音楽の3要素 メロディー・ハーモニー・リズム を1人で奏でることのできるピアノに
さらに2人のリズムセクション(ベース&ドラム)が加わり
緊張感 溢れるトリオならではのサウンドを生み出します。
3人で生み出す瞬間芸術。今日はどんな演奏が生まれるのでしょう?
「トリオで演る。」 ジャズピアノの醍醐味がそこにあります。

ジャズの世界ではメロディーとコード(和音)しか記されていない
B5用紙1枚ほどのシンプルな一段の楽譜をアレンジして演奏を創ります。
手がかりは「メロディーとコード」のみ。速さは?繰り返しは?強弱は?
シンプルすぎるメロディーはそのままでは雰囲気が出ないし・・・
表記どおりのコードでは響きが幼稚な感じだし・・・。
ジャズのスタンダードナンバーはどの曲も5分あれば弾けてしまうでしょう。
決して大袈裟ではなくそれほど元々が「簡素な題材」なのですが
簡素な故に「創り込む愉しみ」があり、また「生みの苦悩」も持ち併せます。
イメージを膨らませ少しでも「思い描くままに弾けるよう」探求する・・・
「曲」という題材の中で表現の幅を拡げることに終わりはありません。
「ジャズ」というと、とかく敷き居の高い音楽に感じられることもありますが
今日この場所で演じられるリアルなジャズを
グラスでも傾けながら(オイオイ・・・プラスチックじゃん?!)
リラックスしてお楽しみください。

(※スタンダードナンバーとは?)
古くからジャズプレイヤーに好んで演奏されてきた曲を指します。
1950年・60年・70年・・・など年を経るごとに
スタンダードと呼ばれる曲は増え続け国や時代によっても流行があります。
ポピュラーピアノとジャズピアノの教室
ピアノを楽しむ大人のためのレッスン空間
Copyright © 2001 study&more a-bop All Rights Reserved.
サイトマップ