新しいページへ
古いページへ

PiaNight

2011年、今年は少し早い梅雨入りでしたが気持ちよく晴れた6月の土曜日「ちょいと遅めのスプリングジャムセッション」を開催しました。色々な楽器の人達が集まってその場で簡単な打合わせをして演奏を始める。セッションというと"なんだかとても難しそう"そんな印象が先立つものですがせっかくジャズを勉強しているのですから気軽に音を出して感じてみることも大切です。ということでジャムセッションの流れについての説明を兼ねたショートセミナーに始まり皆さんの演奏、恒例豪華抽選会?へと楽しい時が流れていきました。演奏に耳を傾け、すこしグラスも傾けながら・・・。ピアノを愉しむ皆さんが集い話に花が咲く時のなかで素敵な発見があったことと思います。

演奏前のショートセミナー(写真左)演奏中のひとこま(写真右)
初夏の陽射しも眩しい明るいピアナイトとなりました。
写真左端ゲストドラマー(Atsushi Kibe)を交えて。

課題曲はお馴染みのスタンダードナンバーからSATIN DOLLとAUTUMUN LEAVES(枯葉)。ゲストにドラマーを迎えピアノ・ベース・ドラムスによるトリオの編成で皆さんが同じ曲を演奏しましたがそこはやっぱりジャズの世界。テンポもメロディーの崩し方も、それぞれに踏む音が違うのですから個性があり面白いですね。B5用紙1枚ほどの楽譜から約10分弱の演奏を組み立てましたが即興演奏の作り方を理解し個々の技術のなかで演奏を組み立て、楽しむことの大切さを体感いただけたことと思います。よりイメージを沸かし、描いた音を指先にフィードバックできるようにひとつひとつの課題の意味を理解しながら練習を重ねることで少しずつ演奏の枠を広げていけると楽しいですね。このジャムセッションが小さな一歩でもあり大きな扉を開けたことでもあり・・・。ほんの少し勇気を出して鍵盤を叩いてみたら今朝までの緊張感がきっと楽しい土曜日の想い出に変わったのではないでしょうか?

※ スタンダードナンバーとは古くからジャズ演奏家に好んで演奏されてきた曲を意味します
※ レッスンではジャズの2段譜(完成譜)も使用する他、演奏を楽譜にする過程があります
※ ジャズピアノクラスのレッスンでは常時ベースとのアンサンブルを行なっています

Pleaseリクエスト

春も本番。いよいよ暖かくなる春の季節はお問い合わせも多い時期ですがこのところ「レッスンで好きな曲を弾けますか?」というご質問を多くいただきましたのでこちらのTopicsでもご紹介させていただこうと思います。"この曲が弾きたい"そんな時はまず楽器店で自分が弾けそうな楽譜を探してみたり楽譜のダウンロードサイトを覗いてみたり、という方も多いのではないでしょうか?教室でもご希望の曲を個々のレベルに応じてアレンジしてお渡しすることがありますしもちろんレッスンでもアレンジされた完成譜を使用します。こういったアレンジされたものを弾くこともピアノの楽しみ方ですしきちんと弾くことで技術を磨きご自分でアレンジを創る際の発想力を豊かにします。

・・・とここで。レッスンでは皆さん完成譜の演奏と並行してコードを使った演奏法(リードシート奏法)を勉強しています。ということはコードとメロディーが記された1段の楽譜をもとにふだん練習しているリードシート奏法で弾きたい曲に気軽にチャレンジすることもできますね。この場合、例えピアノの経験がない方でも気軽に好きな曲に取り組める(ご自分の弾ける範囲で)のが面白いところですね。レッスンでは伴奏型や装飾の付け方など様々なアレンジの手法を課題曲を通して練習していきますがここで練習した手法はご自分で弾いてみたい曲にもフィードバックできますし曲を重ねるごとに様々な引き出し(音楽的手法)も増え自然とアレンジの組み立て方が身に付いていきますのでその時々、レベルに応じて好きな曲を弾くことができるのが大きな魅力です。

音源を再生します
教室でただひとり外国の方!英語の歌詞も雰囲気がありますね。
セルフタイマーが回りとっさに椅子とりゲーム状態。
・・・鼻の下が伸びる講師の図(ではありません!変な顔ですが)。

ということで答えはYESですね。弾いてみたい曲があればぜひ気軽にリクエストしてください。手頃な完成譜(2段譜)があればそれを使ってもよいですし教室でレベルに応じた楽譜の作成も可能です。もちろんリードシートから演奏を組み立ててみるのも面白いですね。現在6月、少し時期はずれな感がありますがクリスマスソングのリクエストをご紹介します(・・・だいぶはずれてる?!)。数あるクリスマスソングのなかからのリクエストは「Have your self a merry little Christmas」。ご自分で歌われる弾き語りでしっとりと、少しジャズのテイストも盛り込みつつ・・・。ということで、これまた近々な2010年クリスマスの1ヶ月前から3レッスンに渡りアレンジを組み立て半年後のiReco+と相成りました。

※ iReco・iReco+(Plus)は教室の無料録音サービスです。
※ 本人の許可を得てランダムに掲載しており全ての録音を掲載しているものではありません。
※ 掲載音源はweb用に加工しており音質に多少の劣化があります。

SoundWorksのできごと

教室に併設するSoundWorksは一般の方を対象にしたレコーディングと音源制作の部門ですが、3月の大地震から間もなく一本の電話が鳴りました。ご自身で作詞作曲・演奏活動されているテルミさん。すでに被災地のラジオ局でオンエアされているとのことですが今年の秋に仕上げようと暖めていた曲を早くカタチにし被災された方々にお届けできればということでご相談いただきさっそくミーティングです。気持ちよく晴れた昼下がり。こんな感じ?いやいやこんな感じ??と音を出しながら方向性も定まりアレンジ(PCでの音源制作)を任せていただくこととなりました。

ミーティングの風景(写真左)ちょっと舞台裏を(写真右)
まずはピアノでアレンジを考えながら楽譜にします。
そこからはひたすら入力→そしてまた考えなおし!の繰り返しです。

今回はスピードも重視しつつ!少しでもよいものを。ということでなんとかGW前に間に合い音源も気に入っていただけたようでひと安心です。これからボーカルのレコーディングや多くの編集作業へと進んでいく音楽の輪のなかに混ぜていただきましたが携わった皆さんの想いがひとつになりたとえほんのひと時でも耳にした方が希望や前向きな気持ちを感じていただける。そんな音楽の繋がりが生まれると素敵ですね。

楽曲を創る方にはそれぞれに「込められた大切な想い」があるものですが
今回はその想いに賛同させていただき無償でお手伝いさせていただきました。

※ 本人の許可を得てランダムに掲載しておりSoundWorksの全作業を掲載しているものではありません。
※ ミーティングは無料で行っており制作の開始を促すことはありません。

PiaNight

2011年、春の待ち遠しい2月の土曜日。初企画!題して「夜梅の会」を開催しました。(なんと読んだらよいのでしょう・・・"やばい"と読ませてください)入り口に2本、窓辺の公園に2本と教室を囲むように咲く紅白4本の梅の木を眺めながら語らう隠れ家の夜。明かりを落とした室内でゆらゆらと揺れるキャンドルに加え特設照明によるライトアップの効果もありムーディーな雰囲気のなか"人前で演奏を披露する練習"を兼ねた皆さんのピアノをBGMに。夜の梅を眺めながらピアノ演奏をBGMに美味しいお酒をいただきながら話に花咲くひと時・・・なんだか贅沢でほんの少しスペシャルな土曜日の夜となりました。

人前での練習の場でもありますから気軽に弾いてみましょう。
BGMですから・・・のつもりが皆さん釘付けの図(写真左)。
6等賞でもなんだか嬉しそう!豪華抽選会?も恒例ですね(写真右)。
ふたつの特設スポットライトを外から撮影。
ライトのテストが間に合わずどうなることかと思いましたが
スイッチを入れたその瞬間!歓声が湧きました。
まるで六本木毛利庭園のようです(自我自賛?)。
皆さん年齢もお仕事もお住まいも様々ですが
自然とトークも盛り上がります。お疲れさまでした!

今回のショートセミナーでは"ピアノの弾き語り"にスポットをあてました。教室では弾き語りをメインにレッスンを進めている方もいらっしゃいますが多くの方はピアノの弾き語りというと馴染みの薄いものではないかと思います。今回は歌詞の載っている曲集「永遠のポップス(とあポプなんて言いますね)」を題材に、ふだんせっかくコードを使って演奏を創っているのですからシンプルな伴奏パターンを使って弾き語りに挑戦してみましょう!という趣旨でのショートセミナーとなりましたが、コードを理解し"ふたつのシンプルな伴奏パターン"を使うことで曲集400曲あまりの伴奏ができてしまうのですから楽しみが広がりますね。いつもとは少し違う弾き語りのスタイルですがふだんのピアノアレンジに役立つところも多くありますのでぜひ気軽に挑戦していただければと思います。

ポピュラーピアノとジャズピアノの教室
ピアノを楽しむ大人のためのレッスン空間
Copyright © 2001 study&more a-bop All Rights Reserved.
サイトマップ