新しいページへ
古いページへ

JazzPianoLive 2014

秋晴れの気持ちよい11月の日曜日。すっかり暮れの風物詩的イベントとなりました恒例ジャズピアノライブを開催、毎年このライブで年の瀬の訪れを感じるという方も多いのだとか?!ご家族やお友達を交えてグラスを傾けながらジャズを楽しむ和やかなステージは今年も大勢のお客さんにお越しいただき大盛況のうちに幕を閉じました。出会いあり語らいあり、音楽のある楽しいひと時の裏で出演者の皆さんはなんとも言えない緊張感を経験されることと思います。「今日が1年で一番緊張する日」という声もあるほどですが終わってみると達成感や演奏するよろこび、たくさんの発見に加えて“楽しい”という想いが芽生えるから不思議ですね。今日のステージへ向けてお客さんの前で演奏するためにつくり込んだ曲。ここでの演奏で用いたフレーズやボイシング、様々なアレンジの手法は他の曲へ応用しながらレパートリーを増やしていくことができますからジャスを演奏するうえでの宝物、夢が膨らみます。今年も無事にステージを終えましたが昨今いろんなことがおこる世の中、こうして音楽を楽しむことができるのは何より幸せなことなのかもしれません。なんて12月25日に記事を書いているせいかしんみりしてしまいましたが、新たな1年も楽しみながら音を磨いて来年も皆さんと素敵なひと時を過ごせればと思います。

教室でのリハーサル風景!ときにはしばし考え中、、、
お疲れさまでした!昨年から鮮やかな集合写真
SpecialThanks 榊カメラマン&バーテンAIKO

お仕事などで忙しい方も多い大人のピアノ教室。時にはステージへ向けて練習を進めていたのに欠席を余儀なくされることも。ということで今年は教室でのリハーサル時に録音するStudioRecordingを緊急開催。残念ながら出演できなかった方々による3曲を吹き込みました。せっかく仕上げた演奏だからとやってはみたもののよく録れるので逆に緊張するとかしないとか。。。掲載音源はジャズピアノ歴1年ほどの男性陣をフィーチャー、雰囲気でてますよ!

ステージの様子 音源をランダムに抜粋

MOANIN' (Album Mix) / U・Shunsuke

MOANIN'

FLY ME TO THE MOON / S・Ippei

FLY ME TO THE MOON

IF I WERE A BELL / S・Shiho

IF I WERE A BELL

13 Jours en France / I・Miwako
# Studio Recording

13 Jours en France

当日演奏した曲 全11曲(3ステージ)

1:MOANIN'
2:TAKE THE "A" TRAIN
3:THE DAYS OF WINE AND ROSES
4:LUPIN THE THIRD

1:FLY ME TO THE MOON
2:HOW HIGH THE MOON
3:BESAME MUCHO
4:BYE BYE BLACKBIRD

1:EDELWEISS
2:TO LOVE AGAIN
3:IF I WERE A BELL

(B) Masami Horiguchi (Dr) Atsushi Kibe

ライブ感を重視した録音のため雑音もご愛嬌!?
掲載音源はウェブ用に加工したもので音質に多少の劣化があります。
演奏の合間にトークを交えながらの和やかなステージ(写真左)
大勢のお客さんにお越しいただき予備パイプ椅子登場の店内(写真中)
演奏を終えホっとひと息&ちょっぴりもの寂しさも漂う閉店のあと(写真右)
当日のチラシより テキストのみ一部抜粋

ジャズの世界で "トリオ"といえばピアノ・ベース・ドラム によるピアノトリオ。
メロディー・ハーモニー・リズムという音楽の3要素を1人で奏でることのできるピアノに
2人のリズムセクションが交わり繰り広げられる緊張感に満ちたサウンドが魅力です。

3人で生み出す瞬間芸術。今日はどんな演奏が生まれるのでしょう?
「トリオで演る。」ジャズピアノの醍醐味がそこにあります。

メロディーとコードしか書かれていないB5用紙1枚ほどの楽譜から演奏を組み立てるジャズの世界。
シンプルな原曲のメロディーはそのままだと雰囲気が出ないし・・・
表記どおりのコードは響きが幼稚でいまいち・・・。

そんなスタンダードナンバーの楽譜はきっと5分もあればなぞれる簡素なもの。
シンプル故に「創り込む楽しみ」があり「産みの苦悩」も持ち併せます。
イメージを膨らませ音にしていく素晴らしき冒険旅行・・・
"曲"という題材から広がるピアノの楽しみは尽きません。

ジャズというと、なんとなく敷き居の高いものに感じられることもありますが
グラスでも傾けながら(オイオイ プラスチックじゃん)
音楽のある素敵なひと時を、リラックスしてお楽しみください。

〜〜〜〜〜(一部省略)〜〜〜〜〜

※ トリオ
3人での演奏を指しますがジャズの世界では一般的にピアノトリオをイメージします
※ コード
すべての音楽に不可欠な和音をアルファベットと数字で表記した演奏の道しるべ
※ スタンダードナンバー
ジャズプレイヤーに好んで演奏されてきた曲を指し1950年・60年・70年・・・など、
年代ごとの流行や国による趣向の違いがあります

The Candle Night

はやいもので2014年も11月。掲載が遅くなり季節もすっかり秋になりましたが、夏も終わりの8月23日から9月13日に渡り「The Candle Night End of Summer 2014」と題してキャンドルナイトを実施。レッスン室の照明を消して蝋燭を灯すというなんとも風変わりな企画ですが好評をいただき9月末日までの期間延長となりました。古典の作曲家はもちろん初期のジャズミュージシャン達も過ごしたであろうキャンドルの揺らぐ灯りとピアノの夜。ちょっぴりノスタルジーな体験でもありちょっとした環境問題への取り組みのとしての側面も持っています。いつもより見ずらい楽譜と鍵盤に最初は皆さん「弾けない!」と感じるものですが普段より集中しながらもリラックスして弾けるから不思議ですね。ここにちょっとしたピアノ演奏のヒントが隠れていたりして。これからもクリスマスや季節の節目などに実施する予定ですのでご希望の方はお気軽に「キャンドルナイトで」と一声お掛けください。

実は撮影も困難な暗さ!暗視モードで(写真左)
改良を重ねた自家製キャンドルスタンド PCS-1(写真右)

こればかりは陽が沈んでから来室される方の限定企画になってしまいますが昼の予約を夜に変更される方もいたり。会社帰りに来室される方には意外な効能も。定かではありませんが「1/f ゆらぎ」「マイナスイオン」などのリラクゼーション効果もあるのだとか。

※ 希望される方へ無料での実施となります
※ 安全のため消火器を設置し一定間隔の換気を行います
※ レッスン室の容積と酸素消費量を計算のうえ実施しています

The 15th コードセミナー

教室で一般の方を対象に開催しているコードセミナー第10回を迎えたときにご紹介しようと思いながらうっかりしている間に時は経ち、気がつけば2014年9月21日に第15回目の開催を迎えました。ということで少々強引ではありますが「いいコード」に語呂を合わせて第15回コードセミナーの様子をご紹介します。2011年から年に4回開催しているセミナーの目的は楽譜に記載されるすべてのコードを鍵盤上で押さえられるようにすること。4時間に及ぶセミナーも一瞬に思えるほどの密度ですが決してすべてのコードをその場で一生懸命に暗記する訳ではありません。前半はご自分で音を見つけられるようにするための仕組みの理解、後半では瞬時によりストレスなく押さえるための練習方法に触れ、頭で理解したものをしっかりと身体に染み込ませていきますのでご心配なく。はじめはコードを押さえられることがひとつの目標であってもよいのですが、その先にあるアレンジや音楽理論の扉を開く鍵になるところですので「押さえられてあたりまえ」を目標にしながらも和やかな雰囲気のなかで。今日この4時間の経験を活かして音楽の楽しみを広げる足がかりにしていただければと思います。

鍵盤上でテキストの内容を確認しながら(写真左)
お疲れさまでした!修了証と一緒に(写真右)

気持ちよい秋晴れの日曜日。今回は1名の方がお仕事のため欠席となってしまい東京近県からお越しいただいた3名での開催となりました。差し入れのチョコで糖分補給、頭を休ませながらそれぞれの音楽経験や目標など会話も弾みます。いいですねコレ!次回から甘いもの置いておきましょう。

秋のキャンペーン2014 at 自由が丘

教室の休講日にあたる日曜日によみうりカルチャー自由が丘センターで開催しているポピュラーピアノ講座。1・4・7・10月期の3ヶ月開期となるこの講座も早いもので秋講座の頃を迎えました。秋も深まり夏の陽射しがちょっぴり懐かしい。そんなこの時期、センターでは毎年秋のキャンペーンが実施されますが今年は内容がより充実しています。各種割引きをはじめ特別価格で3つの講座を体験していただける期間限定の「シニアパワーアップ応援券」を発行。音楽はもちろん語学から料理・ダンスまで、夢の膨らむ多彩な講座をより気軽に体験いただけるキャンペーンは当ポピュラーピアノ講座も対象となります。ご興味をお持ちの方はセンターまで直接お問い合わせください。軽い気持ちで覗いてみたけれど気がつけば生涯の趣味になっていたり!?秋のひと時を彩る素敵な講座に出会えるといいですね。

センターの入口を出ると素敵な緑道が広がります(写真左)
レッスン室にて服も構図も昨年とかぶり気味、、(写真右)
開期2014年 8月30日〜10月15日
会場よみうりカルチャー自由が丘
講座ポピュラーピアノ
費用500円(シニアパワーアップ応援券/税込)

当ポピュラーピアノ講座の受講者さんにも「明日は絵なんです」「このあとダンスがあって」という方々がいらっしゃいます。日常を離れて趣味の時間を大切に過ごされるエネルギッシュな皆さんにこちらもよい刺激をもらったりして。レッスンの帰り道、自由が丘の街をふらっと散歩してみると草花の表情も変わり秋の訪れを感じます。

ポピュラーピアノとジャズピアノの教室
ピアノを楽しむ大人のためのレッスン空間
Copyright © 2001 study&more a-bop All Rights Reserved.
サイトマップ