新しいページへ
古いページへ

Pianight

2015年も梅雨の6月、朝からの雨もあがり気持ちのよい土曜日にPianightを開催しました。今回はすっかりジャズピアノクラスの恒例企画となりました「ちょいと遅めのスプリングジャムセッション」。毎回様々な趣旨を設けて開催するPianightですがこの会ではゲストドラマーにお越しいただきアンサンブルを楽しみながらの賑やかなひと時となりました。1曲弾いたらお酒をいただきながら皆さんの演奏にも耳を傾け、曲の合間には音楽の話からあんな話こんな話?トークにも自然と花が咲きますね。即興演奏でのアンサンブルを練習する場でもあり人前で演奏を披露する場でもあるジャムセッション。和やかななかにもちょっぴり緊張感のあるピアノトリオでの演奏を通してたくさんの発見や新たな楽しみに触れるとともに練習のポイントも見えてきたことと思います。はじめの40分はショートセミナーとして「ジャズを楽しむ手段としての即興演奏」について実演を交えました。ごく自然なことであると同時にお伝えしにくいところでもあるのですが即興で演奏すること自体を目的にするのではないというところがちょとしたミソなんですね。今回はせっかく音を出す機会、演奏時間を長くとるためにPianight恒例の豪華抽選会は中止となりましたが(経費削減?手抜き?ではありませんよ!)次回の景品はそのぶん豪華になるとかならないとか。C JAM BLUESや枯葉など馴染み深いスタンダードナンバーを中心に20曲を超えるセッションとなりました。

はやく弾きたいのに!?まずはじめはショートセミナーから(写真左)
美味しいお酒をいただきながら演奏の合間はトークにも花が咲きます(写真中)
客席との距離50cm!なんていつものレッスン室ですが今日はステージですね(写真右)
お疲れさまでした!訳あって前撮りの集合写真
今年もお世話になりましたドラムス木部さんと

すっかり陽も延びたので今回は明るいピアナイト。ジャムセッションというスタイルを通して、演奏する魅力から聴きどころまでジャズの世界をより深めていただけたことと思います。ある曲を題材に3人で演奏を紡いでいくワクワク感というかドキドキ感というか「楽しかった」自然とでてしまうその一言が何よりも大切ですね。

ジャズピアノクラスではソロピアノでの演奏も行います
※ 豪華抽選会の「豪華」の感じ方には個人差があります(・・怪しい)
※ 教室のイベントはすべて自由参加となり過度に参加を促すことはありません

Finale de FINAL

レッスンを重ねながらアレンジを組み立てていく過程では“楽譜にしないでまとめる”段階がありますが、だんだんとアレンジが本格的になるにつれ一部だけ楽譜にしたり完全に楽譜にしたり。ふだん眺めているのに書こうとするとなかなか難しいピアノ譜ですがすこしづつ書き方にも触れながら身に付けていきましょう。教室ではご希望に応じて楽譜作成ソフトFinaleの使い方に触れるほか、完成した楽譜の浄書サービスを実施しています。手書きから市販クオリティへと生まれ変わったオリジナルアレンジの楽譜を眺めると感動もひとしおですが、ここからもうひと押しもふた押しも楽しめるのがピアノの世界。仕上がったアレンジをよりダイナミックに盛りつけて聴かせられるようニュアンスを詰めていくところがなにより大切でありまた面白いところなんです。そうして弾き込んだ演奏は教室のレコーディングサービスとしてお馴染みのiReco+(アイレコプラス)でCDに。楽譜とCDをセットにしてご家族やお友達にプレゼントしたという方も!世界にただひとつの粋な贈り物ですね。Finaleの使い方・楽譜の浄書・レコーディングはすべて無料のサービスプログラムとなりますが2015年5月よりネーミングを一新しサービスページを更新しました。ピアノの楽しみをより広げるアイテムとしてどんどん活用していただければと思います。

レコーディングを終えビールもとい珈琲で乾杯(写真左)
手書きの楽譜も市販のクオリティへ変身します(写真右)
OVERJOYED / RINA

Overjoyed

2015年iReco+の一番手は曲決めからアレンジまでご自身で挑戦!山あり谷ありで書き上げた楽譜を弾き込んで3月にレコーディングされたRINAさん。メロディー譜から構想を練りつつ楽譜にしていく作業は大変だったと思いますがたくさんの発見と達成感、そしてなによりポピュラーピアノアレンジの楽しみを改めて感じていただけたことと思います。書き上げた手書きの楽譜はもちろん教室で浄書、演奏を収録したCDと一緒にお手元へ。

※ 掲載には許可をいただき一部のiReco+をご紹介しています
※ 一般の方を対象としたスタジオ部門(SoundWorks)でのレコーディングとは異なります
※ 掲載音源はウェブ用に加工したもので音質に多少の劣化があります

Pianight

春が待ち遠しい2015年2月も末の土曜日。毎回様々な趣旨を設けて開催するPianightですが今回はすっかり春の会として定着しました題して「夜梅の会」を開催。音楽を愉しむ大人の集う隠れ家の夜?というちょっぴり風変わりなこのPianightでは室内にキャンドルを灯し教室を囲むように咲く4本の梅の木をライトアップ。様々な職業、世代の方々が集いますが見頃を迎えた梅にピアノの生演奏とくれば自然と杯も進み話にも花が咲きますね。前半にショートセミナーを交えてからBGMのピアノ演奏、豪華抽選会へと進みますが今回のショートセミナーではコード譜300曲詰めの曲集を使って「ピアノアレンジの完成まで」を実践。皆さんに適当な数字を言っていただきそれらを足した数字のページにあった「CAN YOU CELEBRATE 」を題材に演奏が仕上がるまでの過程をなぞってみました。ショートセミナーですので手短かに40分、ということは20分でつくり20分で弾きあげることになりますがついついアレンジを時間一杯までつくり込みたくなるもの。シンプルでもよいですから上手にまとめて弾き方で盛り付けることが大切なポイントです。普段のレッスンでも実践しているところですが皆さんでディスカッションしながら客観的に行程を眺めると意外な発見があるから面白いですね。セミナーを終えたら美味しいお酒も添えて、ひと足はやく春の訪れを感じる素敵な夜が更けていきました。

公園側に立つ清盛と時子を明るいうちに(写真左)
はじめにショートセミナーを交えて(写真右)
ビールの専門家に参加いただき全国の地ビールを(写真左)
パワーアップした公園側ULS2と話に花咲く室内(写真右)
お疲れさまでした!とび入りで叩いていただいた
SpecialThanksドラムス田辺さん

お仕事や家事はもちろん、毎日を忙しく過ごされる方も多い大人のためのピアノ教室。そんなピアノを楽しむ大人の集いでは広い世代の様々なお仕事をされる方々が触れあい、音楽の話から多彩なカルチャーまで膨らむトークも楽しいですね。

※ 夜梅の会は「ヤバイの会」と読ませてください
※ Pianightでの演奏は任意ですのでお気軽にどうぞ
※ 豪華抽選会の「豪華」の感じ方には個人差があります(怪しい注釈?)

美大 × SoundWorks

教室のスタジオ部門SoundWorksでは一般の方を対象にしたレコーディングとMacによる楽曲制作を行っています。CDだけど昔の名残で言うところの"デモテープ"づくりや作品としてのアルバム制作を中心に様々なお問い合わせをいただきますが、なかでも十人十色なのがレコーディング。ピアノ演奏にトークメッセージをMixしたCDレターや市販CDに収録されるカラオケトラックとのMix、ピアノ弾き語りの演奏を大切な人へ贈るプレゼントCD。はたまたオリジナル落語と出囃子をMix??などなど。そんな多様なレコーディングのなかでも年明けの時期に多いお問い合わせが美術大学生さんの卒業制作に関するもので映像作品の背景に流れるピアノ曲をレコーディング。編集を考慮して楽曲を分けて録ったりシーンに合わせて響き具合を調整したり。「すみません無理を言って」というお言葉をいただくことも多いのですが、そこは東京でいちばんアットホームなスタジオと称する和やかな空間。よりよい作品のために遠慮なくご意見をいただきながら制作のお手伝いができればと思います。

タブレットの映像に合わせながら演奏(写真左)
録音を確認しながら効果的な加工を試します(写真右)

2015年も明けて1月。美大の卒業制作で立川からお越しいただいたMさん姉妹。お姉さんが制作された映像作品のためのオリジナルピアノ曲を妹さんの演奏でレコーディングしました。映像と音楽が織りなす素敵な作品が多くの方の心に響くといいですね。同じく1月の機材入換えでノイズが低減し音質もちょっぴりパワーアップ。

※ 掲載には許可をいただき一部のレコーディングをご紹介しています
※ 映像の編集は行っておりません

ポピュラーピアノとジャズピアノの教室
ピアノを楽しむ大人のためのレッスン空間
Copyright © 2001 study&more a-bop All Rights Reserved.
サイトマップ