新しいページへ
古いページへ

JazzPianoLive 2015

2015年もいよいよ年の瀬。毎年秋に開催しています恒例のジャズピアノライブですが今年は諸事情により12月下旬の開催となりました。会場のある横浜の街はいつにも増して華やかなクリスマス前の日曜日、なにかと慌ただしい師走の時期にも関わらず大勢のお客さんにお越しいただきありがとうございました。ピアノにベースとドラムスを交えたトリオによるサウンドはジャズ特有の緊張感に満ち溢れているけれどそれでいて温かくもあり人間くさい。そんな素敵な演奏を肴にグラスを傾けながらジャズの愉しみに触れていただくひと時、久しぶりに顔を合わせる方もいれば音楽を通して生まれる人とのふれあいもまた楽しいですね。演奏する側にとってB5用紙1枚にも満たない楽譜から5〜10分の演奏を紡ぎ出すことは決して簡単ではありませんが“どうしたらジャズになるのか?”というジャズの要素を理解し、それぞれの技術の枠内で音を組み立て楽しむことの大切さを実感していただけたことと思います。あとはすこしづつその枠を広げ深めていけると最高ですね!残業や急な出張、家事や子育てなどなにかと忙しい日々のなかで音楽への想いをカタチにしていく大人のためのピアノ教室ですから出演された皆さんもステージを迎えるまでは山あり谷あり。加えてこの時期はインフルエンザなどいろんなものが空気中を漂っていますから体調を崩して練習が進まなかったり。苦労もありましたがステージでの演奏を終えて得られる達成感はまた格別で“緊張したけれどまた鳴らしたい”そんな気持ちになるから不思議です。演奏を終えての一杯が1年でいちばん美味しい?そんな声も聞こえてきたりして。

来週のステージを楽しみましょう!教室でのリハーサル風景
お疲れさまでした!今年も榊カメラマン&
バーテンKONちゃんにSpecialThanksです

平凡な言い方をすれば「日曜日にとある店で開かれるライブ」ですが昨今いろんなことがおこる世の中。“音楽を奏で家族や友人と語らいながら杯を交わす”これはとてつもなく幸せなことなんだ。ふと独りそんなことを思うとなんだか急に嬉しくなったり。音楽は楽しいですね、また来年も楽しいステージを楽しみにしつつ演奏をより深く楽しめるようがんばりましょう!楽しいが連続してしまいました。

ステージの様子 音源をランダムに抜粋

BLACK ORPHEUS / T・Rumiko

BRACK ORPHEUS

I’LL CLOSE MY EYES / T・Mariko

I’LL CLOSE MY EYES

AU PRIVAVE / I・Miwako

AU PRIVAVE

当日演奏した曲 全13曲(3ステージ)

1:THE LEGEND OF WIND
2:DO-RE-MI
3:BLACK ORPHEUS
4:故郷
5:DANNY BOY

1:AUTUMUN LEAVES
2:THEME FROM LUPIN III
3:I’LL CLOSE MY EYES
4:COOL STRUTTIN'
5:BEAUTIFUL LOVE

1:13 JOURS EN FRANCE
2:AU PRIVAVE
3:BUT BEAUTIFUL #Quartet

(B) Masami Horiguchi (Dr) Atsushi Kibe

ライブ感を重視した録音のため雑音もご愛嬌!?
掲載音源はウェブ用に加工したもので音質に多少の劣化があります。
12月ならではX'masバージョンのステージで(写真左)
年の瀬に管の音が染み入ります!特別ゲストTORUさん(写真中)
今年もお世話になりましたドラムス木部さんを囲んで閉店後の打ち上げ(写真右)
当日のチラシより テキストのみ一部抜粋

ジャズの世界で "トリオ"といえば ピアノ・ベース・ドラム によるピアノトリオ。
メロディー・ハーモニー・リズムという音楽の3要素を1人で奏でることのできるピアノに
2人のリズムセクションが交わり繰り広げられる緊張感に満ちたサウンドが魅力です。

3人で生み出す瞬間芸術。 今日はどんな演奏が生まれるのでしょう?
「トリオで演る。」ジャズピアノの醍醐味がそこにあります。

メロディーとコードしか書かれていないB5用紙1枚ほどの楽譜から演奏を組み立てるジャズの世界。
シンプルな原曲のメロディーはそのままだと雰囲気が出ないし・・・
表記どおりのコードは響きが幼稚でいまいち・・・。

そんなスタンダードナンバーの楽譜はきっと5分もあればなぞれる簡素なもの。
シンプル故に“創り込む楽しみ”があり“産みの苦悩”も持ち併せます。
イメージを膨らませ音にしていく素晴らしき冒険旅行・・・

ジャズというと、なんとなく敷き居の高いもの!?と思われるものですが
グラスでも傾けながら(オイオイ プラスチックじゃん)
音楽のある素敵なひと時を、リラックスしてお楽しみください。

※ トリオ
3人での演奏を指しますがジャズの世界では一般的にピアノトリオをイメージします
※ コード
すべての音楽に不可欠な和音をアルファベットと数字で表記した演奏の道しるべ
※ スタンダードナンバー
ジャズプレイヤーに好んで演奏されてきた曲を指し1950年・60年・70年・・・など、
年代ごとの流行や国による趣向の違いがあります

SemmyTime

教室のスタジオ部門 “SoundWorks” では一般の方を対象にレコーディングとオケ制作を行っています。2015年もいよいよ12月ですから過ぎ去りし夏のことですが、この季節ならではのハプニングが蝉とのにらめっこ。普段のレッスンに支障はありませんがレコーディング時に外壁や目前の木につかまってミンミンミンとなるとちょっと事情も変わってきます。隣はみどり豊かな公園という立地ですからセミの鳴き声も夏ならではの風物詩なのですが感度の高いマイクがうっすらと鳴き声を拾うといけません。ということで!毎年夏のご依頼がある度に蝉の件をお伝えしていましたので予め夏場のレコーディング時間を縮小するセミータイム(7月15〜8月31日)を設定、併せてこの12月よりレコーディング料金を一部改訂させていただきました。蝉の鳴き声は条件により100デシベルを超えるそうですがレッスンには支障ありませんので!蝉くん来年はもう遠慮なく賑やかにしちゃってください。

調整のご協力ありがとうございました!
この夏レコーディングにいらしたYさんMさん(写真左&中)
深夜の機材入れ換えはまるで実験室!?深い深い沼へ(写真右)

ということで自然の営みによってうまれたスタジオ部門のシーズンオフ。この期間を利用していつもお世話になっていますレコーディングエンジニアのカズさんご協力のもと機材をバージョンアップ。ミキサー&アンプの入れ換えとそれに伴う配線などの見直しにより更に音質が向上しました。

※ セミータイム期間中はレコーディングのみ18〜21時の実施となります
※ オケ制作ならびに教室の開講時間に変更はありません

Volume Up 自由が丘

教室ではより多くの方々にピアノの楽しみに触れていただく機会としてカルチャーセンターでのポピュラーピアノ講座を開催しています。そのひとつがよみうりカルチャー自由が丘センター「日曜ポピュラーピアノ講座」。センターのシステムに準じて3ヶ月ごとの学期制となる当講座も2015年初秋の頃を迎えて定員となりましたがセンターさんのご好意でレッスン枠をボリュームアップ。今年で30周年を迎える同センターでは様々な記念イベントに加え毎年恒例秋のキャンペーンもスタートしました。センターの多彩な講座を気軽に楽しめる秋の1日体験フェアということで当ポピュラーピアノ講座も対象講座に。音楽はもちろん語学やダンスから生け花まで、楽しそうな講座がたくさんありますので目移りしたりして。あれもこれも触れてみたいという方はぜひ自由が丘を散歩のついでにふらっと覗いてみてはいかがでしょうか。秋のひと時を彩る素敵な講座に出会えるといいですね。

なんでか毎年うまく撮れないレッスン室(写真左)
駅徒歩1分!カフェの立ち並ぶ緑道沿いです(写真右)
開期秋の1日体験フェア 2015年 9月1日〜30日
会場よみうりカルチャー自由が丘
講座ポピュラーピアノ
費用1.080円(センターの規定により)

渋谷でもないし恵比寿でもないしシモキタともまた違う。気のせいか街ゆく人々の歩く速さもすこしのんびり感じる自由が丘の街。建ち並ぶカフェのテラス席に腰をおろすと蝉の合唱も今はむかし、ふと見ればマドラーの先につかまって羽根を休ませるトンボに秋の訪れを感じます。

※ お問い合わせはセンターまでお気軽にどうぞ
※ 教室では随時無料体験レッスンを実施しています
※ カルチャーセンター講座は教室の休講日(日&月曜)に開催しています

CAFE NICA

2015年、夏の盛りも過ぎトンボの飛び交う頃。お盆明けを目指して準備を進めていたカフェスペースのリニューアルも進み8月21日に「CAFE NICA」としてオープンしました。ドリップに使う器具も入れ換え、抽出したての香りそのままな「淹れたて」とアレンジを楽しめる「トッピング」にこだわったカフェスペースです。後にいらした方とコーヒー片手に会話もはずんだりして。午前中にみえる方はこの一杯で目が覚めるのだとか?!お仕事を終えて立ち寄られる方はすこし甘めにした一杯でオフモードに。ピアノを愉しむ大人のひと時にちょっぴり花を添えてくれる味わいの一杯をどうぞ。その香りにはリラックス効果もあるという珈琲ですが最近では多くの効能が注目されていますね。思考力や集中力の増強はピアノ教室にぴったり、効果の程は定かではありませんがガンや動脈硬化の抑制に加え脂肪の分解を促進するダイエット効果もあるのだとか。

夏はアイスで!昼下がりのカフェスペース(写真左)
お好みに合わせてトッピングもご自由にどうぞ(写真右)

カフェスペースに名前って、、、必要ないのですがせっかくなのでちょっと悪ノリして?ジャズのハードバップ全盛期にその名を刻んだ歴史上の人物から拝借しました。敬意と親しみを込めて本当のお名前ではなく愛称の方で。

※ 創業時から続くサービスのひとつとして引き続き無料での実施となります
※ トッピングにはオーガニック製品を使用しますので衛生管理に配慮しています

ポピュラーピアノとジャズピアノの教室
ピアノを楽しむ大人のためのレッスン空間
Copyright © 2001 study&more a-bop All Rights Reserved.
サイトマップ