新しいページへ
古いページへ

60代からのピアノ

2016年も秋の頃。芸術の季節ということでこの時期はお問い合わせも多くいただきますが、なかでも目立ったご質問が「60歳を過ぎてはじめる方なんていますか?」というもの。数名の方から同じ声が届きましたので記事にしてご案内しますが質問の答えはずばり “多くいらっしゃいますのでご心配なく” です。経験があることはもちろんプラスですが初めてのピアノはきっと驚きと発見の連続ですから60年間とっておいたピアノの楽しみが今からスタートすると思うと夢が広がりますね。でもストイックな基本練習は大変そう、、そこは大人のポピュラーピアノ。コードからつくるシンプルな伴奏付けは他の曲にも応用してレパートリーを広げたり、時には講師が個々の技術内で弾けて雰囲気もあるオリジナルの楽譜を作成したり、より深い演奏のために大切な基本練習も馴染み深いポップスを通して身に付けるスタイルです。
時期も同じく9月、仕上がった演奏をレコーディングされた大先輩60代のYさんFさん。教室ではご希望に応じて演奏を録音(iReco+)することがありますが、ミスをせずニュアンスも織り込みつつというポイントを狙うと ”おかしいな家では弾けたのに” そんなハプニングがおこるのもレコーディングならでは。この機会を通してより深いピアノの楽しみに触れていただけたことと思います。

初レコーディング!弾き語りで挑戦です(写真左)
録れたテイクを確認しながらディスカッション(写真右)
Yさん/ 遠くへ行きたい

Not installed FlashPlayer→再生

Fさん/ 慕情

Not installed FlashPlayer→再生

完成したCDは今の音を切り取った作品ですから聴けば聴くほどイメージも湧きより深いポイントに気付くものですが、どんなに経験の長い方でもピアノに触れていると新たな発見があるもの。深い世界ゆえにいつになっても新鮮であり尽きない楽しみ、これだからピアノはやめられません。

※ 掲載音源はウェブ用に加工したもので音質に多少の劣化があります
※ iReco+(無料サービス)はご本人の了承を得て一部の音源を掲載しています
※ コード=3つまたは4つの音からなる和音を楽譜上にコードネームとして記してあります

Score Charge

レストランへワインを持ち込むときはコルクチャージをお支払いしてお気に入りのボトルを持参するわけですが、同じように家の本棚にも美味しい楽譜が眠っていたり。むかし弾いていたものや難しくて弾くのを諦めてしまったもの。そんなお気に入りの楽譜があれば気軽に持ち込んでください。弾けたと思っていたけれどレッスンを通して眺めると実は楽譜と違うところがあったり。細かく見直しをしてきちんとなぞれたら、よりダイナミックに伝わるよう細やかなニュアンスを固めていきます。その楽譜にコード表記があり(ない場合はコードネームをふります)アレンジの手法が理解できればメロディー譜からのアレンジづくりに応用して楽しみも一層広がりますね。アレンジされたピアノ譜は宝の山、楽譜に書かれたひとつひとつの手法がアレンジをつくるときに大きく役立ちます。ということで2016年夏の完成を記念してレコーディングした俊くん「君をのせて」をピックアップ。まだセットアップが完全ではありませんが今春に導入したマイクシステムでより広がりのあるサウンドになりました。テイクごとに録れた音を確認すると"もう1回もう1回"とキリのない世界ですが、こうしてひとつの作品としてカタチにすることで多くの発見に触れていただけたことと思います。指おけば音は鳴るのに奥深し、だからやっぱりピアノは楽しいですね。

合間にカフェスペースで深呼吸!偶然白Tな二人(写真左)
吊り下げタイプの新マイキングでいざテイクXへ(写真右)
俊くん/ 君をのせて

Not installed FlashPlayer→再生

レコーディングというと緊張するもので・・イメージが指に伝わらなかったり集中力が途切れてしまったり。より良くという欲望も芽生えたりして予期せぬハプニングがおこるもの。そんななかこうして弾ききったことは大きな自信となりきっと他曲の演奏にも活きてきますよ。はい、お持ち込みですね!スコアチャージは無料ですのでお気軽にどうぞ。

※ 掲載音源はウェブ用に加工したもので音質に多少の劣化があります
※ レコーディング(iReco+)はご希望により実施し全てを掲載するわけではありません
※ ピアノ譜=アレンジされた2段譜 メロディー譜=コードとメロディーが記された1段譜

Pianight

2016年、東京も梅雨入りした6月の日曜日にPianightを開催しました。毎回様々な趣旨を設けて開催するPianightですが今回はジャズピアノクラス「ちょいと遅めのスプリングジャムセッション」。日中なのにピアナイト?もう初夏だし設定がむちゃくちゃですが天気にも恵まれちょびっとお酒もいただきながら、ピアノトリオの調べにのせてトークも花咲く素敵な午後のひと時となりました。セッションというとなんだか緊張してしまいますが正確にはセッションスタイルの練習会、B5用紙1枚にも満たない楽譜が10分ほどの即興演奏へと膨らみますが即興だからといって決して”適当に弾いていて”ということではありません。予め演奏のために必要な素材をなぞりますのでそれを枠組みに演奏を楽しむことができますが、ここが簡素なほど即興演奏は難しいもの。ではどうしたらもっと洒落た旋律やハーモニーを紡ぎ出せるのでしょう?音を出す前に交えた1時間ほどのショートセミナーでこの部分をひも解きましたが、一連の内容は”今日 簡素な素材で即興演奏にチャレンジしたからこそ実感できるもの”ですからジャズピアノレッスンを進めるうえでの大切な道しるべになりますね。今年もお世話になりましたドラムス木部さん&飛び入りで叩いていただいた田辺さん!ありがとうございました。

はじめに実演を交えたショートセミナー(写真左)
皆さんほんのりほっぺが赤い?練習会練習会!(写真中)
次は私?次もベース??と3人で流れを感じながら(写真右)
お疲れさまでした!
ドラムス木部さん田辺さんを交えて
Kさん演奏風景/TAKE THE A TRAIN

Not installed FlashPlayer→再生

自分でイントロを出しテーマからアドリブへ、そしてまたテーマに戻りエンディングを付ける。しかもそこにジャズのフレーバーを加えながら・・・ときたら簡単ではありませんが初めは小節を見失わず変な音が鳴らなければ大成功なんです。ということで無事弾き終えた思い出にジャズピアノ歴2ヶ月K子さんの演奏風景をピックアップ。緊張したけれど面白かったですね初アンサンブル!勇気を出して鳴らしてみたひとつの音がきっと大きな音楽の楽しみへ繋がることと思います。

※ ジャズピアノクラスではソロピアノも演奏します
※ 本企画の録音はあくまで簡易的なものになります

Volume Up 西大井 PARTⅢ

教室の休講日にあたる月曜日に西大井メイプルカルチャーセンターで開催しているポピュラーピアノ講座。センターのご厚意を受けスタッフさんをはじめ他講座の先生方にもご協力をいただきながらすこしずつレッスン枠のボリュームアップを重ね、今年の春2016年4学期に3度目のボリュームアップ!となりました。初開催からは早いもので3年が経とうとしていますが初めての方でも気軽に楽しめるポピュラーピアノ講座にはご高齢の方も多く逆に教えていただくことも沢山。時には音楽の話を飛び越えて地域社会の移り変わりや戦時中のこと。「わたしの頃はピアノなんて夢のまた夢でした・・・」レッスン中にひと呼吸ついた時、ふと笑みを浮かべ清々しくも重く淡々とした口調でささやかれたご老人の、瞳の奥底に詰めこまれているであろう想いが伝わった瞬間を忘れられません。ピアノは夢のまた夢、ふだんなに気なく接しているピアノが急に恋しく思えたりして。あたりまえに感じているけれどピアノを弾くということが特別なことであり幸せなことだということを忘れてはいけないなぁ、なんて気付かされる小さくも素敵なエピソードでした。

広々としたレッスン室でのひとコマ(写真左)
品川ひと駅!ちょっとディープな西大井駅の向かいです(写真右)

センターでの講座は1・4・7・10月期となりますが期の途中からも受講いただけます。 ある人は「言いにくいんですけど実はボケ防止のために始めた」またある人は「自分で歌って弾き語りをしてみたい」きっかけは十人十色。 本当にいろいろあっていいと思いますし経験を問わず多様な楽しみ方のできるポピュラーピアノを通して音楽の世界に触れていただけると嬉しいです。

※ お問い合わせはメイプルカルチャーセンターまでお願いいたします
※ 2016年4月期=定員/7月期=空席1名 となっております(2016年6月10日7月18日現在)
※ カルチャーセンターでの講座は他によみうりカルチャー自由が丘にて開催しています

ポピュラーピアノとジャズピアノの教室
ピアノを楽しむ大人のためのレッスン空間
Copyright © 2001 study&more a-bop All Rights Reserved.
サイトマップ