新しいページへ
古いページへ

Pianight

2017年6月、晴れ間の恋しい梅雨の日曜日にPianightを開催しました。毎回、様々な趣旨を設けて開かれるPianightですが今回はジャズピアノクラス「ちょいと遅めのスプリングジャムセッション」。ゲストミュージシャンを迎えピアノトリオでの即興演奏を体感する練習会として30曲に迫る演奏が繰り広げられました。最近はアレンジされたジャズピアノの完成譜も多く販売されていますし、じっくり時間をかけてジャズアレンジを書くのも楽しみ方のひとつですが今回はジャズの醍醐味でもあり踏み込みにくい領域でもある即興演奏に挑戦。挑戦!と言っても決して即興演奏自体が目的なのではなく即興演奏家が2人以上で奏でる瞬間芸術を楽しむために即興演奏の技術が必要、、というところがポイントです。ジャズのディープな部分に触れるために必要な即興演奏の技術ですがなんでも即興で演奏しなくてはいけないなんてことはありません。グラス片手に他の方の演奏へ耳を傾けてみると偶然のようで必然性のある演奏の展開に気が付いたり、ピアノの音色が皆さん違うことに気が付いたり、同じ場所で同じ楽器を弾いているのに面白いですね。アンサンブルは必ず個々の技術のなかで楽しめますから今日の演奏は皆さんそれぞれの今の音。どんなに紙の上で理解していてもセッションという練習の場でしか得られないこの音楽体験がジャンルを越えより深いピアノの楽しみに触れるヒントになることと思います。なんて堅苦しく締めくくりましたが “緊張したけど楽しかった” これがなにより大切ですね。

まずはじめにショートセミナーを交えて(写真左)
演奏風景!1枚の楽譜から10分ほどの冒険旅行へ(写真右)
お疲れさまでした!
レンズのせい?なぜか広く見える集合写真

ピアノとベースとドラムスのうしろで皆さんが耳を傾けて。緊張感もあるのにどこか暖かく穏やかなジャズの空気に包まれながら1曲目M子さんの演奏がスタート(B. Wal Nolyman/Dr. Taki Tanabe)。これから始まる冒険旅行に心が躍ってなんというかピアノを楽しむ大人たちの放課後みたいなワクワク感。音楽ってやっぱり素晴らしい、そんなあたり前のことを改めて肌で感じる素敵な日曜日になりました。

M子さん/ MinorBlues#1

Not installed FlashPlayer→再生

※ この会の録音は簡易的なものになります
※ サイト内の音源再生には Flash Player が必要です
※ Pianightでの演奏は任意ですので見学でもご参加いただけます

Volume Up 自由が丘 II

教室の休講日にあたる日曜日はよみうりカルチャー自由が丘センターでポピュラーピアノ講座を開いています。早いものでこちらの講座も5年が経ち6年目を迎え、、なんて書きながら気が付いたのですが時が経つのは早いものですね。そんな自由が丘クラスが2017年4月に2度目のボリュームアップ。センターさんのご厚意を受けレッスンの増枠となりました。長い間ピアノから離れていた方、初めて挑戦する方。いろいろな方がいらっしゃいますが年齢も経験も関係なくピアノを弾いてみたいと思ったそのときから個々の馴染み深い曲を楽しめるポピュラーピアノ。この講座を通してより気軽にピアノの楽しみに触れ音楽のある毎日に意味もなくワクワクしてしまう、そんなクラスにしていければと思います。それにしても5年の月日が経っていたなんて、いけないいけない講師も身を引き締めていかないと。耐震工事&リニューアルも終え明るく広々した自由が丘センターでは元気なスタッフさんが迎えてくれますのでお気軽にお問い合わせください。

改札を出て緑道を抜けて!自由が丘徒歩1分(写真左)
建物内を散策中スタッフさんへ感謝を込めて(写真右)

賑やかだけれどどこかのんびりした自由が丘の街。街ゆく人の着ているものやカフェに何気なく置いてある小物。日曜日はついつい長居していろんなものに刺激をもらって帰ります。レッスンをきっかけに自由が丘散歩が趣味になったという方も。気が付けばテラス席?気が付けばテーブルにビール??緑道の桜は身を潜め街にみどり溢れるこの季節もまた気持ちがいいですね。

※ お問い合わせはセンターまで直接お願いいたします
※ 2017年4月期は只今定員となっています(2017年5月11日現在)

スタジオ部門 NOW

教室のスタジオ部門SoundWorksでは一般の方々を対象としたレコーディングと音源制作を行っています。東京でいちばん小さくて?アットホームなレコーディングスタジオとしてピアノ弾き語りの録音をメインにオリジナル曲のオケ制作や歌入れなど様々なニーズにお応えしながら機材の充実や作業内容の向上を目指しています。とは言え機材やスペースには限りもありますから合言葉はハードよりハートを大切にするスタジオ。そんなスタジオ部門が2017年3月にほんのすこしパワーアップしてエレピ(音源タイプ)&シンセサイザーの無料レンタルを開始。楽曲の世界観をより深めるべくスポットライトも設置しました。スタジオでスポットライト?というのもなんだか不自然ですがより演奏に集中できると好評をいただき意外や意外、何が作品に影響するかわかりませんね。録音の仕方は十人十色、吹き込みを終えるまでの持っていき方も皆さんそれぞれですが集中しつつもリラックスできる小さなスタジオとしてオリジナリティーを磨いて“自分ちの楽器部屋”みたいに感じていただけると嬉しいです。

カフェスペースでひと息(写真左)
新兵器?スポットライトの下で(写真右)

下町エリアからお越しのさおりさん。これはどう?あれあれ?なんて試行錯誤を繰り返しながら3日間8曲に及ぶアルバム制作となりましたが1曲はエレピの弾き語り1曲はオケを追加して。この2曲がピアノ弾き語りアルバムのアクセントになり素敵な作品が完成しました。こうしたレコーディングを通じて生まれる素晴らしいミュージシャンとの出会いを励みにこれからもすこしづつクオリティーを高めていきたいと思います。

※ ご本人の了承を得て一部のレコーディング風景を掲載しています
※ 教室在籍者はスタジオ部門を無料でお使いいただけます
※ 注:オケ制作を除く(割引となりますのでご相談ください)

Pianight

春が待ち遠しい2017年2月の土曜日。この時期のちょっと風変わりなPianigt?題して夜梅の会を開催しました。会ごとに様々な趣旨を設けるPianightですが今回は教室を囲む4本の梅の木をライトアップ。美味しいお酒も交えながら音楽を楽しむ大人の集う夜となりました。まずはじめは手短かかつ更なる音楽の楽しみに触れるショートセミナー。実際に音を出しながら弾き語りについてレクチャーしましたが「歌はちょっと・・・」という方も普段のピアノアレンジを応用していろんな場面で楽しめるかもしれない歌伴の世界に触れ新たな楽しみが増えるかもしれませんね。セミナーを終えたら室内の電気を消して梅をライトアップ。六本木毛利庭園のような絵を狙ってサンニイイチっLightオン!少々盛って書いてる感もありますがムードも増してきたところで思い切って人前での演奏に挑戦!そんな体験の場も兼ねている夜梅の会。ピアノ演奏はもちろんですが遊びに来てくれたドラムス田辺さんにも叩いていただきボーカルやベースを交えたアンサンブルで異邦人からLOVE ME TENDERまで。素敵なBGMについつい杯が進んでしまいますが参加者の皆さんは必ず演奏してくださいということではありませんのでどうぞご心配なく。でも “楽しいからお酒のチカラを借りて1曲だけ” そんなピアノもたまにはいいかもしれませんよ。

ショートセミナー風景(写真左)
エントランス側の紅白梅!義朝&由良姫(写真右)
梅を眺めながらトークも弾みます(写真左)
その後ろではしっとりと生演奏のBGM(写真右)
お疲れさまでした!遊びに来ていただいた
ドラムス田辺さんを交えて

大人のためのピアノ教室ですからお仕事もお住まいも十人十色。性別も年齢も様々な皆さんです音楽が自然と輪をつくり話に花が咲くから不思議ですね。ひと足お先に春の訪れを感じさせてくれた梅に素敵なBGM、そしてこの楽しいトークもお酒の肴に欠かせません。夜も更けてきたところで恒例豪華抽選会へと盛り沢山な土曜日の夜になりました。

※ 夜梅の会は「ヤバイの会」と読ませてください
※ 照明は本会専用ULS(Umenoki Lighting System)を使用します
※ 豪華抽選会の豪華の感じ方には個人差があります(怪しい・・・)

ポピュラーピアノとジャズピアノの教室
ピアノを楽しむ大人のためのレッスン空間
Copyright © 2001 study&more a-bop All Rights Reserved.
サイトマップ