古いページへ

おめでとう!

都内の桜も満開な2018年3月も終わりの頃。電話のベルが鳴ったので慌てて取りにいく?ほど広くない教室に1本の電話が入りました。電話の主はNちゃんのお母さんでいまコンクールを終えたとのこと。ご相談を受け年明けからコンクールへ向けてレッスンを重ねたNちゃんが無事入賞したと報告をいただきました。ふだんはお母さんに教えてもらっているということで課題曲である星野源さんの"恋"は何度弾いたって間違えることもなくばっちり弾けていましたからピアノの楽しみ後半戦へ。お母さまは"気になるところは何でも"と言ってくださったので楽譜にあるひとつひとつの音符に意味を持たせ細かなニュアンスの違いを確認していきました。後日談として「一時はどう弾いていいか解らなくなってた」と聞いて胸が痛くなりましたが、悩みを乗り越えて今の自分の音を楽しめたことが聴く人に伝わったのだと思います。楽曲を"なぞれる"から"伝えられる"ものにするのは簡単ではありませんがこのコンクールがそういった深い楽しみに触れるよい機会になりましたね!でもこれって曲調の異なるクラシックでも同じで絶対的な正解はないけれどその時々の意図がちゃんと伝わります。なにも隠せないし全てが音に出るピアノの世界ってコワイコワイ?いえいえ楽しいことがたっくさんありますよ。

おめでとう!コンクール直後に送ってくれました

ふと思えばピアノ教室にはドラマチックで目頭の熱くなるシーンが多々ありますが今回のコンクールもそのひとつ。コンクールは参加者が音楽的理解をより深める場でもあるから厳しいけれど本当は順位なんてない音楽の世界。Nちゃんとのレッスンを通して改めてピアノの楽しみに触れ感動をいただきました。まだ小さなその手でよく頑張ったね〜おめでとう!

※ "大人のためのピアノ教室"としてレッスン枠確保の観点から月謝制クラスのご入会を18歳以上の方としております

Pianight

春はすぐそこ!ですがまだまだ冬の寒さも残る2018年2月の日曜日にPianightを開催しました。毎回様々な趣旨を設けて開くPianightですが今回はすっかりこの時期の恒例となりました夜梅の会。教室を囲む4本の梅の木も満開の頃、ライトアップされた梅に生演奏とくればついつい杯も進みトークの花も咲きますね。"ステージなんて緊張しちゃうけど人前で演奏してみたい" そんな冒険の場でもあるこの会。黒人霊歌からオリジナル曲、J-POPからビートルズまで幅広い選曲に加えドラムやベースを交えたり弾き語りだったり。十人十色の多彩なサウンドに耳を傾けながらピアノを楽しむ大人の集う夜。お酒の入る前にちょっとしたワークショップ「ゼロからつくるJ-POP」を開き、和やかなムードのなかで歌詞を決めメロディーをつくりコードを振ってからアレンジへ。皆さんで意見を交わしながら完成した曲を歌とピアノで演奏してみました。ヒヤヒヤドキドキ?な1時間でしたが音楽ってやっぱり楽しいですね。よい日もわるい日も皆さんそれぞれの日常があり時事の変化も目まぐるしい昨今ですが、今年もこうして音楽のある時間を過ごせることが当たり前のようで実はすごく幸せなことなんだ?なんて時おり宙を舞う梅の花びらを眺めながら思ったりして。ひと足お先に春の訪れを感じるちょっぴり素敵な夜となりました。

いろんな案が飛び交うワークショップのひとこま(写真左)
窓の外には梅の花&生演奏とくればトークもはずみますね(写真中)
エントランス側に咲く義朝と由良姫も今宵かぎりのライトアップ(写真右)
遊びに来てくれたドラムス田辺さんを囲んで
夜も更け皆さんほんのり赤い頬?

今年は5年に1度の大剪定ということでだいぶこじんまりした頼朝と時子。聞けば梅の手入れってなかなか大変なんですね。メインの2本がこの状態ですので今年は開催も危ぶまれたのですが少ない枝に綺麗な花を咲かせてくれました。ということで梅感は少々弱かったのですが来年また大きく育ってくれることを願って。

※ 夜梅の会は「ヤバイの会」と読ませてください
スポットライト新設によりULS(Umenoki Lighting System)は廃止になりました

ポピュラーピアノとジャズピアノの教室
ピアノを楽しむ大人のためのレッスン空間
Copyright © 2001 study&more a-bop All Rights Reserved.
サイトマップ