古いページへ

JazzPianoLive 2018

暮れも押し迫った2018年12月。ジャズピアノクラスの恒例ライブイベント"JazzPianoLive"を開催しました。横浜関内にて8名の演奏による全14曲をトリオでお贈りしましたがクリスマスも直前という師走の忙しい時期にも関わらず大勢のお客さんにお越しいただきありがとうございました。このライブがないと年を越せない?そんなありがたい声もいただくステージはいつもどおりスタンダードナンバーを中心にしつつ。今年はブラームスからPOPS、ジャニーズまで多彩な選曲にジャズならではの嬉しい即興的ハプニングも織り交ぜながら。そんなジャズのステージですが初めて観た方は「難しそう」という第一印象を持つこともしばしば。これはその演奏が"ジャズになっている"ということでもあるのですが、それが固定観念になってしまうと「ジャズって難しいもの!自分にはムリかも?」という意識が先行してしまいますので肩のチカラを抜いて楽しんでいただければと思います。あまり難解なものであれば今日演奏された皆さんも含めて多くの人たちが楽しんでいるはずもありませんから、ジャズに興味を持ったら"どうすればジャズになるんだろう?"ということを理解し明確にその過程を踏むことが大切ですね。スリリングなのにどこか穏やかで温かみのあるジャズの調べ。ジャズピアノの技術が音楽の楽しみをより大きく広げ新しい音との出会いをもたらしてくれることと思います。当教室は大人の為の教室ですから家庭や仕事、皆さん忙しい合間に練習を重ねますが今年は本番前からハプニングも続出でした。海外出張が長引いたS君は本番前日になんとか教室に来ることができましたが久し振りに会って「明日どうしようか?」という状態。そんななかで迎えた本番でしたが演奏を終えたそのとき「今日は演ってよかったです楽しかった」と言ってくれたのが深く心に残っています。あんなに大変だったのにここで得られる大きな感動があってまたそれに触れたくなるから音楽って不思議ですね。

今年のゲストRIEKOさんを交えて教室でのリハーサル風景(写真左)
来週は楽しくやりましょう!リハを終えてドラムス田辺さんと(写真右)
ハプニングにより1名抜けてしまいましたが
いつになくまとまりのある集合写真?

終えてから平成最後のJazzPianoLiveだったことに気が付き急に感慨深かったりして。ドラムス田辺さんバーテンこんちゃんをはじめ皆さま今年もお世話になりました。久し振りに会う友人とグラスを傾けながら語り合ったりジャズの調べに身を委ねながら1年を振り返ったり。ライブの帰りに珍しく親子で?中華街を歩いてみたり。港の潮風も肌を刺す頃ですがジャズという音楽を通して生まれる人の輪が暖かい、来年も素敵な演奏を囲んでそんなひと時にできればと思います。

ステージの様子 音源をランダムに抜粋

POINCIANA / S・USUI

POINCIANA

BEAUTIFUL LOVE / K・ITO

BEAUTIFUL LOVE

YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS / R・YAGUCHI

YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS

当日演奏した曲 全14曲(3ステージ)

1:FLY ME TO THE MOON
2:POINCIANA
3:A TIME FOR LOVE
4:Brahms Symphony No.3 Poco Allegretto
5:NIGHT AND DAY

1:CORCOVADO
2:ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET
3:SAKURA SAKE (ARASHI)
4:BEAUTIFUL LOVE
5:AND I LOVE HER

1:CON ALMA
2:MOON RIVER (Quartet)
3:YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS
4:WE'RE ALL ALONE

(B) NAN TNARK  (Dr) TAKI TANABE

ライブ感を重視した録音のため雑音もご愛嬌。。
掲載音源はウェブ用に加工したもので音質に多少の劣化があります。
暮れの忙しい時期にも関わらず大勢のお客さんにお越しいただき満席の店内(写真左)
集合写真に抜けてしまったU君!2歳のJrが熱い視線を注ぐ演奏も終えトークへ(写真中)
アングル失敗しました〜ゲストバイオリンRIEKOさんを囲んで閉店後の店内にて(写真右)
当日のチラシより テキストのみ一部抜粋

ジャズの世界で "TRIO"と言えばもちろんピアノトリオ。
メロディーとハーモニーに加えリズムまで ひとりで担うピアノに
ベースとドラムスを交えて繰り広げられるジャズならではの心地よい緊張感が魅力です。

3人で生み出す瞬間芸術。 今日はどんな演奏が生まれるのでしょう?
"トリオで演る"ジャズピアノの醍醐味がここにあります。

メロディーとコードしか書かれていないB5用紙1枚ほどの楽譜から紡ぎだされるジャズの世界。
原曲の単調なメロディーはそのままだと雰囲気が出ないし・・・
表記どおりのコードだと響きが幼稚だし・・・。

スタンダードナンバーの楽譜は目を疑うほど簡素なものですが
シンプル故に 創り込む楽しみ があり 産みの苦悩 も持ち併せます。
たった1枚の紙からはじまる自由で果てしのない冒険旅行・・・ ひとつの楽曲から広がる楽しみは尽きません。

ジャズというと、なんとなく敷き居の高いもの?と思われがちですが
グラスでも傾けながら(プラスチックだけど?!)音楽のある素敵なひと時を。
どうぞリラックスしてお楽しみください。

※ トリオ
3人での演奏を指しますがジャズの世界では一般にピアノトリオを意味します
※ コード
音楽に不可欠な和音をアルファベットと数字で記したもので演奏の道しるべになります
※ スタンダードナンバー
ジャズプレイヤーに好んで演奏されてきた曲を指し1950年・60年・70年・・・
など年代ごとの流行や国による趣向の違いがあります

それぞれのお疲れさま

もう秋だというのに夏日までありあまり秋っぽくない2018年の10月。この時期はイベントを開きませんでしたが振り返ってみれば何気ないいつもの風景のなかにある様々な音楽体験。普段あまり記事にすることはありませんが終着点でもあり通過点でもある"それぞれのお疲れさま"をご紹介したいと思います。50歳を機にピアノを始めポピュラーピアノと平行しながら進めたクラシックの教本を1冊弾き終えたKioさん。ポピュラーピアノと平行してMacでの音楽制作(DTM) を進めているYujiさんは長らく取り組んで来たレオンラッセル "A Song for You" が完成!最後の仕上げともいうべきミックスダウンを終えました。40歳からピアノを始めたToruさんは初レコーディング。オリジナルアレンジでテイクを重ねた "Merry Christmas, Mr. Lawrence" を録り終えました。レコーディングを重ねピアノアルバム制作を目指すYokoさんは記念すべき10曲目のレコーディングに。完成したらムーディなアルバムを聴きながら一杯やろ〜っと。なんて秋の夜長に楽しみがまたひとつ増えたりして。今回は4名のTopicsを記事として掲載させていただきましたがそれぞれのお疲れさまは大きな一歩。こうしてひとつひとつしっかりカタチにしてみると次のステップがより鮮明なイメージとして見えてきますね。

古典教本をなぞり終え修了証を手に!(写真左)
DTMの最終行程ミックスダウンを終えて(写真右)
初レコーディングを終えてひとまずコーヒーで!?乾杯(写真左)
そろそろアルバムが完成しますね!お疲れさまでした(写真右)

こうしてみるとレッスンを通して講師自身も本当にたくさんの感動をいただいていることに改めて気付かされます。終わりのない音楽の世界ですが、だからこそ奥が深くもっともっとという音への願望が芽生えてきますね。教室ではポピュラーピアノ・ジャズピアノレッスンを軸にしつつThe ClassicGarageBand ProgramiReco+など音楽の楽しみを広げるプログラムもご用意していますのでレッスンの進度や個々のご希望に応じて気軽にご利用いただければと思います。

※ DTMはDeskTopMusicの略でコンピューターでの音楽制作を指します
※ 当教室ではDTMクラスをmusic on Macと称しています

秋の体験フェア2018 at 自由が丘

セミの鳴き声も懐かしい2018年9月。猛暑も去りすっかり秋めいてきた頃ですので今年は掲示が遅れてしまいましたが、よみうりカルチャー自由が丘センターにて恒例"秋の体験フェア(9月1日〜30日)"が開かれます。より気軽にピアノの楽しみに触れていただきたいという想いから教室の休講日に自由が丘で開催しているポピュラーピアノ講座。普段はセンターの規定により有料となる体験レッスンですがフェア期間中は無料での実施に加え40分のレッスン枠ものんびり50分となります。「すっかり涼しくなりましたね、いま向かいの花屋さんに元おニャン子の○○さんが」なんてひと言ふた言お話をして自己紹介などしていると・・あっという間に5分も10分経ってしまうものですが時間にゆとりもありますので実際に音を出しながらゆったりとポピュラーピアノの楽しみをお伝えできればと思います。もちろん音楽の他にもダンスから語学まで300を超える講座をリーズナブルに体験できますのでフェアの期間中はいつにも増して賑やかな館内、多彩な講座をお得に体験できますので秋の自由が丘で新しい発見に触れてみるのも面白いかもしれませんね。この時期はテラス席も気持ちいいですしいろんな食材も美味しい季節、講座日は講師もついついカフェをはしごしたりして。ポピュラーピアノってなんだろう?ピアノに触るのも初めてという方も多くいらっしゃいますので自由が丘散策と併せて気軽に立ち寄っていただければと思います。

広々としたエントランスで仕事のお邪魔?(写真左)
会場は駅から1分!この踏切ほんと矢印がカワイイです(写真右)
日程2018年 9月30日(日)
時間11:20〜 15:20〜の各50分
会場よみうりカルチャー自由が丘
講座ポピュラーピアノ
費用無料(センターの規定により通常3.240円)
備考ご予約は当教室まで

体験レッスンは無料で受けていただきたいとか時間を長くして!などなど自由が丘センターさんにはいつも無理ばかり言ってます。ということで業務上の都合ではありますがフェア期間中のご予約につきましては教室まで直接ご連絡ください。ご経験やピアノへの想いなどお話も伺えればと思いますのでお気軽にどうぞ。

※ この講座は1・4・7・10月期に分かれますが期の途中からでも受講いただけます
※ レッスンの開始を促すことはありませんので受講後にゆっくりとご検討ください
※ 教室では随時無料体験レッスンを実施しています

ポピュラーピアノとジャズピアノの教室
ピアノを楽しむ大人のためのレッスン空間
Copyright © 2001 study&more a-bop All Rights Reserved.
サイトマップ