新しいページへ
古いページへ

Pianight

2019年の梅雨もまっただ中ですが雨もギリギリ大丈夫だった6月の日曜日。ジャズピアノクラスの恒例イベント"ちょいと遅めのスプリングジャムセッション"を開きました。毎回様々な趣旨を設けるPianightですが今回はずばりピアノトリオでの即興演奏。ふだんは一人だったり歌などを交えて二人で演奏する機会が多いピアノの世界。アンサンブルとか即興なんていうとその単語自体に緊張してしまいますがセッションと言えども今日は練習会です。人前で演奏するのに練習?!一風も二風も変わったジャズの文化ですが、そんなジャズのディープな楽しみに触れる和やかでちょっぴりスリリングな午後のひと時となりました。いちど立ち止まって考えてみるとなぜ即興演奏の技術が必要なのでしょうか?はじめに交えた30分ほどのセミナーではこの部分に触れセッションの流れを説明しましたがここはとても重要なポイントになります。音楽を楽しむのに即興でなければいけない必要はありませんから”ジャズの深い楽しみに触れるために必要な技術”であり、それがポピュラーピアノやバンドでの演奏など広いシーンで音づくりのヒントになるということもポイントです。クラシックの楽譜を眺めたときもすこし違う捉え方が芽生えるかもしれませんね。体験してみると難しさも感じると思いますが今日の経験がこれからなぞるメソッドの理解度に大きく影響してくると思います。ということでライブスタジオレコーディングとは趣きの違う今日の演奏も20曲を越える頃、こうして音楽を楽しみ杯を交わしながら語らうひと時もジャズがくれる一期一会ですね。

はじめにショートセミナーを交えて(写真左)
ピアノを愉しむ大人同士トークに花咲く休憩中(写真中)
陽が暮れると一段とムーディに!Jazzとバーボンが染みます(写真右)
お疲れさまでした!ドラムス田辺さんを囲んで
訳あって日中に前撮りの集合写真

ジャズピアノ歴2ヶ月、、ちょっと無茶目な下準備で今日のセッションに挑戦したチカさん。1曲12小節のエリントンナンバーも気が付けば7分30秒ですから正に1枚の楽譜から始まる冒険旅行、初めてのジャズが初セッションとなりましたが3人とも無事おなじ家に帰ってこれたので大成功です。経験の深さは個々に違いますがいま持っている技術でジャズを楽しみそれぞれの演奏が今日の活きたジャズになる。進行形ですから今日より明日ってほんと人生みたいですね?なにやら話が大きくなりそうです。

チカさん / C JAM BLUES

Not installed FlashPlayer→再生

※ (D)Taki Tanabe (B)Nan Tonark
※ この会の録音は簡易的なものとなります
※ レッスンではアレンジされたジャズの完成譜も使用します

New Face

30度越えも当たり前?すっかり真夏のような2019年5月。楽譜の作成ソフトに新しくmusescoreを取り入れました。2012年からご希望に応じてレッスンに織り交ぜてきた"Macで楽譜"では定番ソフトFinaleを使ってきましたが、これからはFinaleとmusescoreで進めて行きますのでPCでの楽譜作成に興味のある方はどっちがいいの?というところ、、一長一短ありますのでご相談ください。教室には創業以来Mac&Finaleという環境しかなかったためサービスの提供も一部の方に限られていましたがmusescoreはなんと無料のフリーウェア。楽譜作成がより身近になりましたのでピアノの楽しみを広げるツールとして気軽に触れていただければと思います。もちろんピアノを楽しむうえで楽譜を書くことが絶対に必要ということではありません!例えばポピュラーピアノの即興演奏とは別に込み入ったオリジナルアレンジにチャレンジするとき、自分でつくった曲が完成したとき。音とは別に紙の上でもかっこよく仕上げられると作品としてより深みも増しますね。楽譜はピアノの音でプレイバックできますので聴きながら「やっぱりここ違うかな?」なんて手直ししてみたり。

musescore May. 28, 2019 starting

Finaleしか使ってこなかった講師もはやくマスターしなければいけないこのニューフェイス。と言っても前々から公開されているソフトで現時点ではより完成度も高まったmusescore3に。Thanks development team!細かな動作についてフィードバックなどの貢献もできるよう心して使わせていただきます。

※ "Macで楽譜"は教室の無料サービスプログラムのひとつです

Pianight

梅の花も鮮やかに色づく2019年3月。すっかり春の恒例となりました夜梅の会を開催しました。毎回様々な趣旨を設けて開くピアナイトですが今回はゆる〜く”梅とお酒と音楽と”。ということで教室を囲むように立つ梅の木をライトアップして生演奏を肴に一献傾けるちょっぴり贅沢な会と相成りました。JazzPianoLiveなどのイベントをサポートしていただくドラムスの田辺さんも遊びに来てくれましたので即席のバンドも!?ピアノに加え歌ありベースありドラムありと賑やかな夜。普段なかなか人前で弾く機会のない方も"勇気を出してちょっと冒険してみる"そんな想いをカタチにするための機会ですが、これもまた練習であり大切な経験ですね。発表会ではありませんからBGMということで!と言ってもピアノの椅子に座った途端、押し寄せる緊張感や思いがけず頭が真っ白になる感じ?家で弾いているときには感じないことも聴いてくれる人がいるからこそ体感できるものです。そしてなによりも弾き終えたあとの達成感や楽しかったという感覚。例え途中で止まってしまったってそれも含めてその場の皆が同じ音楽の時間を共有しているという一体感がなにか意味もなく楽しかったり。難しいアレンジが必ずしもよい演奏とイコールにはなりませんからシンプルなアレンジを気持ちよく歌い上げる。それはきっと心に響くものですがここがまた難しいところでもあります。気が付けば20杯ちがうちがう20曲!にも迫る多彩な演奏を通して素敵な発見のある夜になったのではないかと思います。

はじめにショートセミナーを交えて(写真左)
すこし照明も落として思わず箸も止まる演奏中のひとコマ(写真中)
来年こそは一眼レフで夜間撮影を!夜は難しいので昼間のうちに(写真右)
お疲れさまでした!ドラムス田辺さんを交えて

ピアノの後ろでは皆さん梅を眺めながら一杯。江戸川区から小金井市 10代から70代とお住まいも年齢も皆様々、それがまた面白いところでピアノを楽しむ大人同士トークにも自然と花が咲きます。今年はエントランス側の2本、義朝&由良姫が伐採されてしまいましたが満開の清盛&時子にお向かいさんの頼朝を迎え(勝手に?)鎌倉幕府創建の物語調になってたりするんです。

※ 夜梅の会は"ヤバイの会"と読ませてください
※ この会にはご家族やご友人も同伴いただけます
※ 演奏の有無は決めませんので自由に参加いただける会となります

春の体験フェア2019 at 自由が丘

桜の開花も待ち遠しい2019年3月。よみうりカルチャー自由が丘センターにて恒例"春の体験フェア”が開かれます。多くの方により気軽にポピュラーピアノを楽しんでいただきたいという想いから教室の休講日に自由が丘で開催しているポピュラーピアノ講座。普段はセンターの規定により有料となる体験レッスンですがフェア期間中(3月1日〜31日)は無料での実施に加え通常40分のレッスン枠ものんびり50分となります。自己紹介をして「すっかり暖かくなってきましたね」なんてお話をしているとあっという間に時間も過ぎてしまいますが、当日は時間にゆとりもありますので実際に音を出しながら細やかにポピュラーピアノの楽しみをお伝えできればと思います。音楽の他にもダンスから語学まで300を超える多彩な講座をリーズナブルに体験できるフェアの期間中はいつにも増して賑やかな館内、春の自由が丘で新しい発見に触れてみてはいかがでしょうか。この時期はテラス席も気持ちがよいのでついつい講師もカフェをはしごしてしまいます。ポピュラーピアノってなんだろう?ピアノに触ったこともないけれど!初めての方も多くいらっしゃいますので自由が丘散策と併せて気軽に立ち寄っていただければと思います。

駅徒歩1分!当日はきっと桜も綺麗な会場前の緑道(写真左)
いつも邪魔してばかりで〜明るいエントランスにて(写真右)
日程2019年 3月24日(日) ※ 受付締切 23日21:00
時間9:50〜・11:20〜・15:20〜
会場よみうりカルチャー自由が丘
講座ポピュラーピアノ
費用無料(センター規定により通常3.240円・フェア時1.080円)
備考ご予約は当教室宛にお願いいたします

体験レッスンは無料でゆったり実施したいので自由が丘センターさんには今回もかなり無理を言ってしまいました。上記内容でのお申し込みは当サイト限定となりますのでフェア期間中のお問い合わせは教室宛に直接ご連絡ください。ご経験やピアノへの想いなどお話も伺えればと思いますのでお気軽にどうぞ。

※ 当講座は1・4・7・10月期(全6回)の開催となりますが開期途中からでも受講いただけます
※ レッスンの開始を促すことはありませんので受講後にゆっくりとご検討ください
※ 教室では随時無料体験レッスンを実施しています

ポピュラーピアノとジャズピアノの教室
ピアノを楽しむ大人のためのレッスン空間
Copyright © 2001 study&more a-bop All Rights Reserved.
サイトマップ