古いページへ

コロナウイルスの対策について 2

なんだか息もつかぬまま月末を迎えた感じの2020年3月31日。教室では今月初旬に対策を掲載しましたが新たにイベントの中止が決まりました。個人レッスンは通常どおりの開講となりますが4月からは講師の検温(毎朝1回)を実施しインターバルに行う換気を強化します。今まで10分だったものを30〜60分に延ばし、次の方との接触がないようにしますのでご予約の微調整をお願いすることがあるかもしれません。慣れも出てきた頃ですので念には念を。ひとつひとつの対策をより丁寧に実施していきたいと思います。

カルチャーセンターでの講座につきましては建物への人の往来も多いため適切な対策だと思いますがせっかく4月期も始まったところなので残念です。でもまずは健康第一!再開の待ち遠しいところですがまた皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。各種セミナー参加者の皆さんはホテルのキャンセルなども大変なところですが暖かいお言葉にただただ感謝です。皆さんもうほとんどメル友状態ですが?晴れてお初にお目見えする日まで。

講師はもちろん、すでに皆さんもマスクを着用されていますが4月からは来室時のマスク着用を徹底いただくようお願いします。まんいちお忘れの際はコンビニで気軽に買える状況でもありませんので教室のストックをお渡しします。体験レッスンならびにスタジオ部門の打ち合わせなど、来室される全ての方にマスク着用のお願いを伝達します。運送業者さんなど第三者の訪問があり、その方がマスクを着用していない場合はエントランス階段の下でお待ちいただき十分な距離をとったうえで応対します。

以下のイベントを中止とします。
4月05日 ポピュラーピアノセミナー
4月06日 メイプルカルチャーセンター ピアノで奏でるポピュラーソング講座
4月12日 よみうりカルチャー自由が丘センター ポピュラーピアノ講座
4月19日 ピアノコードセミナー
4月20日 メイプルカルチャーセンター ピアノで奏でるポピュラーソング講座
5月04日 メイプルカルチャーセンター ピアノで奏でるポピュラーソング講座

最近ぐんと伸びたアイビー!春の息吹です

3月も下旬になってからは急にテレワークが浸透し平日の日中に予約を移される方が増えました。予約の集中した場合など、換気の強化も相まって少々ご不便をお掛けすることがあるかもしれませんがご協力ください。今は誰もが大変な時ですが一刻も早い収束を願ってがんばりましょう!引き続き状況をみながら適切な判断をしていきたいと思います。

4月7日15:00 追記:上記により密閉・密集を回避しますがカフェスペースの椅子をひとつ使用不可にして密接の対策をとります。セミナー参加費ならびにカルチャーセンター講座受講料は全額返金となります。既にお預かりしているお月謝につきましてはロスのないよう対応しますので無理をしないでください。約半数の方が隣接県から来室されますので交通機関の利用には不安もあるところ。個々に柔軟な対応を取りたいと思います。

コロナウイルスの対策について

先の記事からまだ日も浅い2020年3月10日。教室では今日を目処にということで対策をとりましたが引き続きこの体制を継続します。詳細につきましては既に教室内でお知らせしていますが外部へ向けたお知らせとしてこちらに概要をまとめたいと思います。誰しもが何かしらの影響を受けていると思われるこの騒動ですが頑張って乗り切りましょう。落ち着かない毎日が続いていますが一刻も早い収束を願うばかりです。

ドアの開閉は講師が行い来室時には手の消毒を行っていただきます。コーヒーのカップホルダーを使わないことにより教室内で手の触れる場所は鍵盤だけになりますので鍵盤をレッスン毎にアルコール消毒し5〜10分の換気を行います。換気により室温が下がりますのでエアコンの設定温度を高くする他、空気清浄機も強設定にしますので機器の動作音が少々耳に付きますがご了承ください。講師はマスクを着用しレッスン毎に換気を実施、朝と夜はドアも開放して空気の入れ換えを行います。

以下のイベントは中止とします。
2月29日 Pianight(夜梅の会2020)
3月02日 メイプルカルチャーセンター ピアノで奏でるポピュラーソング講座
3月08日 よみうりカルチャー自由が丘センター ポピュラーピアノ講座
3月16日 メイプルカルチャーセンター ピアノで奏でるポピュラーソング講座
3月22日 弾き語りライブ
3月22日 よみうりカルチャー自由が丘センター ポピュラーピアノ講座
3月22日 よみうりカルチャー自由が丘センター 春の体験フェア

以下のイベントは未定となります。
4月05日 ポピュラーピアノセミナー
4月19日 ピアノコードセミナー

教室での感染防止を祈って

3月に入ってからタクシーを利用される方や電車の空いている時間帯に予約を移される方も目立ってきました。このような個々の対策も広まるなか「こんなときピアノくらい行きたいので」という声も届き心が暖まりましたが持病のある方、ご高齢の方や遠方の方。いろいろな方がいらっしゃいますので状況に応じて適切な判断をしていきたいと思います。

3月17日 追記:3月22日のよみうりカルチャーポピュラーピアノ講座ならびに春の体験フェアが中止となりました。

それぞれのお疲れさま

2020年3月初旬。コロナウイルスの影響が広まるなか教室では2月&3月のイベントを中止するなどの対策をとっています。そんな落ち着かない毎日が続くこの頃ですが、コーヒーを淹れながらふと思い出したお正月からのできごとを記事にしてみました。昨年の暮れにレッスン枠を使ったレコーディングとしてお馴染みのiReco+に挑戦したMIYUさん。ひとつひとつの音に意味を持たせながら練習を重ねましたが1月に完成した音源を聴くなり「いろいろ気になります」と。こうしてカタチにしたからこそ"見えた音"は気になるかもしれませんが新たな発見だったようですね。このテイクはマイクの不調でノイズが乗ってしまいましたが、またこんどその先の扉を開けましょう。2月にピアノ弾き語りアルバムを完成させたナナさんは全曲ご自身の作詞作曲。教室のスタジオ部門も総力を挙げてお手伝いさせていただきましたが素敵な作品づくりの一端を担えて嬉しいです。制作も数ヶ月に及んだファーストアルバムはこうして手にしてみるとずっしり重く感慨深いですね。3月のiReco+は「私が弾き語りなんて〜」といいながら気が付けば3曲目の録音となったK子さん。シンプルで歌にストレスのかからないアレンジや弾き語りの身体的なポイントについて曲を重ねるごとに理解も深まりますが、もうすっかり板に付いてますよ!

あと5日でお正月!年の瀬の初レコーディング(写真左)
戴いたCDが心地よくついつい深酒してしまう夜も(写真中)
レコーディングの合間にあれこれとディスカッション(写真右)

Lake Louise / MIYUさん

Ave Maria(Caccini)/ K子さん

教室のできごとをフレンドリーに紹介するこのTopicsページですが "それぞれのお疲れさま" は不定期で掲載しています。作品をつくったりライブで演奏したり。それももちろんですが8分音符が弾けた!ということだって感動のひとつ。そのひとつひとつが音楽を通して出会うたくさんの喜びに繋がって行くと嬉しいです。

※ 掲載音源はウェブ再生用に変換しています
iReco+(古い記事です)は教室の無料サービスプログラムのひとつです

ポピュラーピアノとジャズピアノの教室
ピアノを楽しむ大人のためのレッスン空間
Copyright © 2001 study&more a-bop All Rights Reserved.
サイトマップ