新しいページへ
古いページへ

JazzPianoLive 20212021-12.12

コロナ以降すっかり更新をさぼる癖が付いてしまい掲載が遅くなりましたが、コロナのせいにしたらいけませんね。毎年暮れの恒例企画であるこのライブも2020年は中止となりましたが、2021年はいろんな変更を加えた上で奇跡的に開催することができました。奇跡というのはすこし大袈裟かもしれませんが、このライブを終えて新年を迎えた途端に状況は悪化しましたので、感染者数が一桁台まで下がった時期に開催できたのは奇跡のようにも思えます。

本当に開催できるのか?ぎりぎりまでそんな思いで様子を見ていましたので今年はシンプルな曲をシンプルに。一般的な対策に加えて初めての2部入替制を導入し、何よりも安全に楽しく過ごせることを第一としました。席数はいつもの半分に減らしましたのでゆったりした店内だったのですが、それでもすごく大勢の方と一緒に居るように感じたのが不思議というか懐かしいというか。横浜のネオンが眩しかったり?いろんな普通の景色が新しく見えた感覚を思い出します。

のんびりした雰囲気のライブですがそれでも実はかっちりした進行表があったんです。今年はそれも無ければチラシもおつまみ盛り合わせも無く解散も早め。一見手抜き?とも思えるこの感じが一層ゆるい雰囲気をつくりましたが、意外にもそれがよかったという声を多くいただいたりして。開催にはいろいろな制約がありましたがいつにも増して特別な時間になりました。お客さんも出演者も皆さんがお互いを気遣い感染対策に協力してくれたお陰で開催できたライブだったと思います。

開催できるのか半信半疑な1週間前のリハーサル風景(写真左)
電車に乗ったのは2年振り!そんな声も(写真右)
一瞬だけ外してもよかったんですけど
これはこれで後世に残しましょう

1部8曲の2部制という予定でしたが1部ではその場で1曲増えてハッピーなナンバーOb-La-Di, Ob-La-Daを。という感じでスタンダードナンバーを中心にポップスからクリスマスソング、オリジナル曲まで交えたライブとなりました。その後体調を崩されたという報告もなくひと安心、やっぱりやってよかったです。お越しいただいた皆様ありがとうございました。

ステージの様子 音源をランダムに抜粋

AUTUMN LEAVES / K・TAKEDA

YOU AND THE NIGNT AND THE MUSIC / I・SHIBATA

当日演奏した曲  1部9曲/2部8曲

1:AUTUMN LEAVES
2:SMILE
3:SANTA CLAUS IS COMING TO TOWN
4:improvisation#1(あんたがたどこさ)
5:CHILD IS BONE
6:Ob-La-Di, Ob-La-Da
7:HOW HIGH THE MOON
8:CUTE
9:MOANIN ※Quartet

1:MISTY
2:YOU LOOK GOOD TO ME
3:BYE BYE BLACK BIRD
4:WITHOUT YOU
5:ETERNAL FLAME
6:BUT NOT FOR ME
7:YOU AND THE NIGNT AND THE MUSIC
8:SPRING HAS COME ※Original Number

(B) Nhane Tnark  (Dr) Taki Tanabe

2部制で更に間引きもした客席をステージから(写真左)
演奏中もマスクを着用しましたが緊張がほぐれていいんだとか!?(写真中)
パパの出番に混ざる碓井Jr5歳のパーカッションが2年前より上手でびっくり(写真右)
トロンボーンTORUさんを交えて!譜面台にはバイク用のスクリーンが付いてるご時世(写真左)
今年は超が付くくらいゆる〜くのんびりトークを交えながら進めました(写真中)
お疲れ様でした!乾杯~と言っても今年は早めに解散です(写真右)
ショート音源  2021限定!?

例年、この欄にはライブ当日にお配りするチラシを掲せているのですが、今年はぎりぎりまで開催の可否を決められない状況でしたのでこれも作りませんでした。ということで趣を変えてライブならではのシーンを掲載したいと思います。

いつもと違う感じで

ビバップ・ハードバップ的なスタンダードナンバーの演奏ではなく即興演奏に重きを置いてみました。決め事が少なくなるほど演奏者側の音楽というテイストが強くなりますが、長いアドリブの後であんたがたどこさに戻った時はほっとしましたね。パーカッションは5歳のお子さんが担当。「improvisation#1(あんたがたどこさ)」より

トリオにワンホーン

トリオでのライブですが今年も1曲だけトロンボーンを交えました。テーマ〜アドリブと進んだところでピアノのアドリブに入るところがかっこいいんですよね。その後にまたトロンボーンでテーマへ戻るわけですが、この「よっ待ってました」感はカルテットやクインテットのずるいところかもしれません。「MOANIN」より

わざとかそれとも?

ドラムソロというのもライブならでは。通常は4小節や8小節ごとに他の楽器と順番で回すのが古典の流れですが、このテイクでは拍に関係なく2分に及ぶソロが繰り広げられました。この後どうやって戻ろうか?ここもまた聴きどころですがちょっとドキっとしましたね。でもそれが今日のジャズ今日の音です。「BUT NOT FOR ME」より

冬のおためしDay at 自由が丘2021-12.7

教室の休講日に開催しているカルチャーセンターのポピュラーピアノ講座。コロナの影響を受け一時中止となっていましたが現在は自由が丘クラスが再開しています。会場のよみうりカルチャー自由が丘では毎年春と秋に体験フェアが開かれていました。開催中は大勢の人で賑わっていたのを懐かしく感じますが、この冬はネーミングも新たに冬のおためしDayとして復活。当ポピュラーピアノ講座もエントリーしていますが音楽に限らず様々な講座をリーズナブルに体験できますので足を延ばしてみてはいかがでしょうか?と言っても冬を迎えまだまだコロナに用心しないといけませんので講師もスタッフも十分な対策をとってお待ちしています。こちらの講座につきましては会場へ直接お問い合わせください。

お疲れさま!アクリル越しの肘タッチ(写真左)
駅徒歩1分なので緑道を抜けるとすぐそこです(写真右)
日程 2021年 12月26日(日)
時間 10:00~16:00のなかで40分
会場 よみうりカルチャー自由が丘
講座 ポピュラーピアノ
費用 1.100円(センター規定により通常3.300円)

40分のなかで1曲なぞりますのでちょっと無茶?と思われるかもしれませんが、そこはポピュラーピアノのいいところ。経験に応じて自分だけのアレンジを組み立てますので初めての方もご心配なく。経験のある方は踏み込んだアレンジや細やかな演奏テクニックなど個々のレベルに応じて内容を深めます。 経験やピアノへの想いなどお話も伺えればと思いますのでお気軽にどうぞ。

※ 当講座は1・4・7・10月期(全6回)の開催となりますが開期途中からでも受講いただけます
※ レッスンの開始を促すことはありませんので受講後にゆっくりとご検討ください
※ 教室では随時無料体験レッスンを実施しています

456 DAYS2021-10.15

なんだかずっと緊急事態宣言下だったようにも思える2021年。10月に入り宣言も解除されましたのでこのまま収束してくれることを願うばかりです。教室では人の集まるイベントを全て中止しましたので紹介記事もなく、気が付けば過去最長の456日間更新なしという状態になっていました。これはいけないと言うことでコロナに関するお知らせを兼ねて久しぶりの更新です。

どうにもならないときは海を眺めたり、
時にはそんなこともあるコロナ下です。

コロナの騒動で世の中は大きく変わりましたので、誰しもそれぞれにいろんなことがあったのではないかと思います。教室も例に漏れず山なし谷あり?紆余曲折ありますが収束の日へ向けて頑張りましょう。ワクチンについては既に多くの方が接種を終えていますが昨今はワクチンパスポートのような話もでてきました。これも収束へ向けた流れなのかもしれませんが、

「持病があって接種したくても打てない」
「いろいろ調べて熟慮した上で接種を控える」
「身内で接種後のトラブルがあったので不安で打てない」

というようなケースも耳にしていますので教室では接種の有無をあえて確認しません。講師は2度のワクチン接種を終えていますがワクチンも100%の安全を保障するものではありませんので、引き続き以下の対策(すこしだけ緩和しました)を実施して行きます。コロナ対策にもすっかり馴れた頃ですがこれから冬の季節に備えて引き続きご協力をお願いいたします。

  1  講師は毎朝の検温を実施
  2  来室時の非接触検温
  3  来室時の手消毒
  4  不織布マスク着用のお願い(教室にストック有り)
  5  カフェスペースにはアクリルスクリーンを設置
  6  コーヒーはカップホルダーを使わずに提供
  7  レッスンごとに鍵盤を消毒(次亜塩素酸)
  8  レッスンごとに換気(サーキュレーターを併用)
  9  湿度の保持(加湿器を2台稼働)
10  オンラインの併用(遠方の方・不安の大きい方)

※ カルチャー講座について
教室の休講日に開催しているカルチャーセンターでのポピュラーピアノ講座は自由が丘クラスが再開、西大井クラスにつきましては換気設備などの事情により再開の目処が立っていません。

※ 一般向けセミナーについて
外部の方を対象としたピアノコードセミナー(年4回開催)及びポピュラーピアノセミナー(年2回開催)につきましては、安全面を考慮し引き続き開催を見送ります。

スタジオ部門リニューアル2020-7.15

2020年はあっという間に時が経って気が付いたら夏になってた?そんな感じがします。そんなコロナ下の4月、今は7月なのでもう3ヶ月前のことになりますが教室に併設するスタジオ部門のコンテンツを別サイトとして新設しました。スタジオ部門は主に一般(教室外)向けに運営していますが教室内でもレッスン枠を使った本格レコーディングiReco+として浸透しています。

「練習の成果を形にしてみたい」
「CDにしてご家族や友人へプレゼント」
「レパートリーも増えたのでレコーディングに挑戦」

そんな様々なシーンで。レコーディングと言うと緊張してしまいますが軽いノリで本格的なレコーディングを体験していただければと思います。実際にやってみると発見も多いと思いますのでレッスンの楽しみを広げるアイテムとして活用してください。レッスン枠を月に1回までレコーディングへ充てていただけるほか編集の費用はご不要です。(2021年よりミキシング費用1.000円/1曲をいただいています)

Apr. 1, 2020 starting

バイオリンやサックス、ボーカルなど他の楽器を演奏される友人も招いてレコーディング。時にはそんなこともありますが想像以上の出来映えにまたやりましょう!なんて盛り上がったりして。回を重ねると細かな音の変化に気が付いたりして楽しみもより深まりますね。コロナ下のリニューアルとなりましたがスタジオ部門も教室同様コロナ対策に注意を払っていきたいと思います。

ポピュラーピアノとジャズピアノの教室
ピアノを楽しむ大人のためのレッスン空間
Copyright © 2001 study&more a-bop All Rights Reserved.
サイトマップ